試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年05月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041084458

文庫版 厭な小説

  • 著者 京極 夏彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年05月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041084458

「それは、安全な殺人なんだ」常軌を逸した不可解の連続。その先には――?

厭なのに、ページを捲らずにはいられない――

「厭で厭で厭で堪らなくって、それでみんな逃げ出したんだ。会社から、人生から、日常から、人間から――」

職場と家庭の人間関係に苦悩する私の家に現れた、巨大な顔に山羊のような瞳を持つ子供らしきもの。
永遠の幸福をくれるというホテルで、安全な殺人を行うこととなったホームレスの男。
何故か僕が厭だと思うことだけを繰り返す、異常な彼女――。
あなたに擦り寄る戦慄と驚愕。世にも奇怪な、7つの物語。

解説・平山夢明 「京極夏彦が都会と現代を部品にして組み立てた妖怪譚なのではないか」

もくじ

厭な子供
厭な老人
厭な扉
厭な先祖
厭な彼女
厭な家
厭な小説
厭な解説 平山夢明

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「文庫版 厭な小説」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 厭だ。あれは厭だ。厭なもの。あんなものは幻覚だ。この現実世界に、あれはあってはいけないものだ。厭だ厭だ厭だ。繰り返す、来る日も来る日も。意思疎通も出来ず、非現実で正体不明の恐怖。あれは何だ?怯えて怯え 厭だ。あれは厭だ。厭なもの。あんなものは幻覚だ。この現実世界に、あれはあってはいけないものだ。厭だ厭だ厭だ。繰り返す、来る日も来る日も。意思疎通も出来ず、非現実で正体不明の恐怖。あれは何だ?怯えて怯えて壊れていく、壊されていく。厭なのに目が離せない。離すことは…もう出来ない。不気味で奇妙な7篇収録の連作短編集。子供に壊された夫婦、老人に襲われる主婦、扉に人生を獲られた男、先祖に覗かれた恋人、彼女に狂わされた彼、家に痛めつけられる本部長、そして小説に記録された深谷。世の中は厭なもので溢れている。あぁ…厭だ。 …続きを読む
    えみ
    2020年06月19日
    34人がナイス!しています
  • 「厭だ」の一言から始まる7つの物語。題名は全て「厭な〇〇」と全てが不快、謎な怪異じみたことも起こるし、この小説には現代社会のあらゆる厭なものが詰まっています。しかし個人的所感ではありますが、所謂イヤミ 「厭だ」の一言から始まる7つの物語。題名は全て「厭な〇〇」と全てが不快、謎な怪異じみたことも起こるし、この小説には現代社会のあらゆる厭なものが詰まっています。しかし個人的所感ではありますが、所謂イヤミスを読んだ時のような嫌な気持ちは不思議と後に残りませんで、そこは謎です。読んでいて嫌というほど厭な場面があるのだが、多分ここで起こる事態は小説の中だけだと思っているところがあるからだろう、厭な物語を娯楽として読んでいる自分がいました。これは普通のイヤミスとは違った種類のイヤ感を味わわせてくれる厭ミスです。 …続きを読む
    Shun
    2020年06月24日
    31人がナイス!しています
  • 今回も京極作品独特の「間」が冴える。不気味で不快で忌々しい。それなのに、つい読んでしまう狂気じみた凄く厭な小説7編。特に「厭な彼女」の話が堪らなく厭で吐きそうで泣きそうで苛苛して…。倦怠感に呑み込まれ 今回も京極作品独特の「間」が冴える。不気味で不快で忌々しい。それなのに、つい読んでしまう狂気じみた凄く厭な小説7編。特に「厭な彼女」の話が堪らなく厭で吐きそうで泣きそうで苛苛して…。倦怠感に呑み込まれた。★★★☆☆ …続きを読む
    もぐたん
    2020年05月29日
    31人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品