試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
770
ISBN:
9784043620036

続巷説百物語

  • 著者 京極 夏彦
  • デザイン FISCO
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
770
ISBN:
9784043620036

哀切と奇想のあやかし絵巻――直木賞受賞作へ続く「巷説」シリーズ第二弾。

不思議話好きの山岡百介は、処刑されるたびによみがえるという極悪人の噂を聞く。殺しても殺しても死なない魔物を相手に、又市はどんな仕掛けを繰り出すのか……奇想と哀切のあやかし絵巻。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「続巷説百物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 6編の短編からなっていますが、それぞれの怪異譚が繋がっているように感じました。闇に込められた愚かで哀しい人間の悪魔が見えます。蔓延する妖怪の怪異は人間の疎かな部分から発生されるのではないでしょうか。人 6編の短編からなっていますが、それぞれの怪異譚が繋がっているように感じました。闇に込められた愚かで哀しい人間の悪魔が見えます。蔓延する妖怪の怪異は人間の疎かな部分から発生されるのではないでしょうか。人間の悪行は妖らが招いている気がしてなりません。又市一味が妖怪の世界により足を踏み入れた今作、奇想と哀切が満ち溢れていたと思います。 …続きを読む
    優希
    2019年04月24日
    77人がナイス!しています
  • 目にも鮮やか狂言芝居!小悪党が悪党を退治するちょっと歪な勧善懲悪。綺麗な身とは言い難い小悪党が何故か下手なお人好しより善人に思えてくる奇抜で絡繰りだらけの巷説百物語続編。人に棲みついた魑魅魍魎には人と 目にも鮮やか狂言芝居!小悪党が悪党を退治するちょっと歪な勧善懲悪。綺麗な身とは言い難い小悪党が何故か下手なお人好しより善人に思えてくる奇抜で絡繰りだらけの巷説百物語続編。人に棲みついた魑魅魍魎には人と異なる妖にしか対峙できない。だったら彼らに任せよう!小股潜りの又市、事触れの治平、山猫廻しのおぎん、算盤の徳次郎、御燈の小右衛門。相変わらずのその活躍に期待と不安と好奇心が止まらない。怪談奇談集めをしている山岡百介があちら側とこちら側の境界で目撃する狂気狂乱の悪行の正体とは?人が生む闇より恐ろしいものはない。 …続きを読む
    えみ
    2021年08月22日
    71人がナイス!しています
  • 妖怪、物の怪、祟りの謂れ、題材はいずれもおどろおどろしいが、内容は人情ありの勧善懲悪物語。りん。とひとたび鈴音が響けば又市のからくりが動き出す。短編集かと思いのんびり読んでいたら、五話目ですべての話が 妖怪、物の怪、祟りの謂れ、題材はいずれもおどろおどろしいが、内容は人情ありの勧善懲悪物語。りん。とひとたび鈴音が響けば又市のからくりが動き出す。短編集かと思いのんびり読んでいたら、五話目ですべての話が繋がり、ひとつの藩をめぐる壮大なお家騒動の醜聞の実態が見えてきた。妖しの怪異の裏には、又市やおぎんらが仕込んだ合理的論理的な仕掛けの数々。ほんとうは全て生者のなすこと。けれどそれを神秘の怪異のベールで包んで昇華させる手際の良さ、そしてこの怪しの世界観がたまらなく魅力的。面白かった! …続きを読む
    naoっぴ
    2021年03月15日
    64人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

京極 夏彦(きょうごく・なつひこ)

1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家、全日本妖怪推進委員会肝煎。94年、『姑獲鳥の夏』でデビュー。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、04年『後巷説百物語』で直木賞、11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。著書多数。

最近チェックした商品