試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
770
ISBN:
9784043620036

続巷説百物語

  • 著者 京極 夏彦
  • デザイン FISCO
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
770
ISBN:
9784043620036

哀切と奇想のあやかし絵巻――直木賞受賞作へ続く「巷説」シリーズ第二弾。

不思議話好きの山岡百介は、処刑されるたびによみがえるという極悪人の噂を聞く。殺しても殺しても死なない魔物を相手に、又市はどんな仕掛けを繰り出すのか……奇想と哀切のあやかし絵巻。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「続巷説百物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 6編の短編からなっていますが、それぞれの怪異譚が繋がっているように感じました。闇に込められた愚かで哀しい人間の悪魔が見えます。蔓延する妖怪の怪異は人間の疎かな部分から発生されるのではないでしょうか。人 6編の短編からなっていますが、それぞれの怪異譚が繋がっているように感じました。闇に込められた愚かで哀しい人間の悪魔が見えます。蔓延する妖怪の怪異は人間の疎かな部分から発生されるのではないでしょうか。人間の悪行は妖らが招いている気がしてなりません。又市一味が妖怪の世界により足を踏み入れた今作、奇想と哀切が満ち溢れていたと思います。 …続きを読む
    優希
    2019年04月24日
    73人がナイス!しています
  • 再読。巷説で旅がちだった百介が江戸に帰ってきていた時期の物語から、後半は四国そして北林藩へ。それぞれの過去へ触れる物語が語られる。百介の兄や東雲右近、田所といった好感の持てる人物が増える一方、闇に染ま 再読。巷説で旅がちだった百介が江戸に帰ってきていた時期の物語から、後半は四国そして北林藩へ。それぞれの過去へ触れる物語が語られる。百介の兄や東雲右近、田所といった好感の持てる人物が増える一方、闇に染まった悪魔のような影が次第に姿を現す。様々な因縁が『死神』に向けて結実し、決して百介たちとは相容れない敵が姿をみせる構成。妖怪の仕業に仕立てた仕掛けは神業だが、そこまでに組まれた伏線は流石。京極さんにしか出来ないんじゃないだろうか。そして別れが切ない。そういや、何故か数話、テレビで観た記憶が。また観たいな。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2018年03月19日
    59人がナイス!しています
  • 899-102-20 百物語シリーズ第二弾。どこかもの悲しさが漂う京極夏彦独特の世界観はやみつきになる楽しさ。そして、チーム又市の終焉は少し残念。 899-102-20 百物語シリーズ第二弾。どこかもの悲しさが漂う京極夏彦独特の世界観はやみつきになる楽しさ。そして、チーム又市の終焉は少し残念。
    Yuna Ioki☆メディアミックス祭参加中。
    2015年03月15日
    59人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

京極 夏彦(きょうごく・なつひこ)

1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家、全日本妖怪推進委員会肝煎。94年、『姑獲鳥の夏』でデビュー。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、04年『後巷説百物語』で直木賞、11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。著書多数。

最近チェックした商品