試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043808021

宙の家

  • 著者 大島 真寿美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043808021

ふわふわと揺れ動く不安定なこころ

女子高に通う雛子の家は、マンションの11階にある4LDK。暇さえあれば寝てしまう雛子、一風変わった弟の真人、最近変な受け答えをするようになった祖母。ぎりぎりで保たれていた家族の均衡が崩れだして……。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「宙の家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大島さん三作め。「人間関係というものは見ている距離によって異なった相貌を見せる」測定できない関係の距離感がこの一文でピタリと言い当てられた気がした。あとがきで「そろそろ書かなくては、と。高校生くらいの 大島さん三作め。「人間関係というものは見ている距離によって異なった相貌を見せる」測定できない関係の距離感がこの一文でピタリと言い当てられた気がした。あとがきで「そろそろ書かなくては、と。高校生くらいの時から、小説らしきものは書いていたのですが、その後、いろいろ盛りだくさんの寄り道をしていて…」あの古い教室で、運動場で、はたまた柏葉館で、大島さんが小説の構想を練っていたかと思うと、時は違っても同じ制服を着て同じ場所にいた高校生の頃、そしてその後の寄り道人生が似ているような気がして共感を覚える。 …続きを読む
    Noriko D
    2020年04月01日
    74人がナイス!しています
  • 私は未だかつて4階以上の場所に住んだことがない。11階という高層階に住む中学生の雛子と小学生の真人にとって、自宅は「宙の家」。一面の空、街の喧騒、地面に住むのとは明らかに異なる感覚に違いない。そこに同 私は未だかつて4階以上の場所に住んだことがない。11階という高層階に住む中学生の雛子と小学生の真人にとって、自宅は「宙の家」。一面の空、街の喧騒、地面に住むのとは明らかに異なる感覚に違いない。そこに同居することになった祖母は景色をどう感じていたのだろう。宙の家で死んだ祖母、家で営まれる通夜、驚きの連続の冬の物語。みずみずしい姉弟の体験のひとつひとつが新鮮だ。続編の「空気」は真人の同級生の風変わりな兄と雛子の夏の物語。少年少女にとって、夏は不思議なことが起きる季節だった。これが大島さんのデビュー作なのだね。 …続きを読む
    エドワード
    2021年04月27日
    33人がナイス!しています
  • 大島さんのデビュー作。地上11階にすむ女子高生の主人公の家族は両親と、小学生の弟、そして祖母の5人家族。その祖母の状態がおかしくなった時から、家族が軋みだす。表題作より、その続編『空気』の方が面白かっ 大島さんのデビュー作。地上11階にすむ女子高生の主人公の家族は両親と、小学生の弟、そして祖母の5人家族。その祖母の状態がおかしくなった時から、家族が軋みだす。表題作より、その続編『空気』の方が面白かった。そんなに面白いストーリーがあるわけではないです。作者の感覚や表現がユニークかつ個性的。感性がいい感じ。だから、1行1行ゆっくりじっくり丹念に味わいながら読まないとこの小説のよさはわからないと思う。 …続きを読む
    巨峰
    2010年09月01日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品