試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041023808

かなしみの場所

  • 著者 大島 真寿美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041023808

わたしは昔、誘拐されたことがあるらしい――

離婚して雑貨を作りながら細々と生活する果那。離婚のきっかけになった事件のせいで家では眠れず、雑貨の卸先「梅屋」で熟睡する日々。昔々、子供の頃に誘拐されたときのことが交錯する、静かで美しい物語。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「かなしみの場所」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • もし・・誘拐された過去があったら、その後の人生を私はどう生きただろうー『誘拐』とイメージするだけで暗かったり悲しい話かと思うが、これは大島さんが紡ぐ優しい物語だった。大島さんの文章表現は痒い所に手が届 もし・・誘拐された過去があったら、その後の人生を私はどう生きただろうー『誘拐』とイメージするだけで暗かったり悲しい話かと思うが、これは大島さんが紡ぐ優しい物語だった。大島さんの文章表現は痒い所に手が届くようで、その後そっとさすってくれるような・・・そんな感じなのだ。人生にはいろんな『別れ』があるよね。受け止め方は身内であっても違ったりもするけれど、ここの「天使の叔父さん」に再び会いたいと動く果那の変化が心地いい。そして、【錦紅堂】の和菓子が気になってしょうがないのだった(笑) …続きを読む
    いつでも母さん
    2019年07月10日
    177人がナイス!しています
  • 離婚して実家に戻り、雑貨を作りながら静かに暮らす主人公。彼女には幼い頃、誘拐された記憶があった……。あらすじだけだと何だかとても不穏で切ない感じだけれど、作者の大島さんは悲しみも葛藤も描かない。周りの 離婚して実家に戻り、雑貨を作りながら静かに暮らす主人公。彼女には幼い頃、誘拐された記憶があった……。あらすじだけだと何だかとても不穏で切ない感じだけれど、作者の大島さんは悲しみも葛藤も描かない。周りの人たちとのやりとりはのんびり長閑で楽しささえ漂う、何とも不思議な穏やかさ。現実感に欠けるフワフワした世界に身を委ねる。タイトルと表紙のイラストが似ているせいか、吉本ばななさんの「哀しい予感」を思い出した。 …続きを読む
    はる
    2019年04月08日
    68人がナイス!しています
  • 幼いころに誘拐された記憶を持つ果那は真相を気にしつつ、雑貨を作りながら暮らしている。雑貨を置いている梅屋のみなみちゃんとの真面目ながらもほのぼのとした会話が心地よく、好きなことを仕事にできて、周りには 幼いころに誘拐された記憶を持つ果那は真相を気にしつつ、雑貨を作りながら暮らしている。雑貨を置いている梅屋のみなみちゃんとの真面目ながらもほのぼのとした会話が心地よく、好きなことを仕事にできて、周りには良い人ばかりだしですごく幸せそうに感じるのでちょっとタイトルに違和感が(^_^;)やがて分かる誘拐の真相も微笑ましい感じ(母親としては大変なことながら)だし、美味しい和菓子が食べたくなるやすらぎ系のお話でした。 …続きを読む
    くろにゃんこ
    2015年05月24日
    54人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品