かなしみの場所

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年05月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784048735346

かなしみの場所

  • 著者 大島 真寿美
  • イラスト 水上 多摩江
  • 装丁 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年05月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784048735346

それぞれの、たましいの場所

私はほんの子供だった頃、誘拐されたことがあるらしい――。雑貨をつくりながら静かな生活をおくる果那と、彼女をとりまく人々。それぞれの人生を描きながら、ゆっくりと居場所を探していく、たましいの物語。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「かなしみの場所」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 離婚して実家に戻った果那。自宅では眠れなくなり、雑貨を作って納めている「梅屋」の奥の小部屋で熟睡する。ずっと昔、果那の身に起こったこと、両親や親戚とのつながり。ふんわりと読み進めて静かな感動に包まれま 離婚して実家に戻った果那。自宅では眠れなくなり、雑貨を作って納めている「梅屋」の奥の小部屋で熟睡する。ずっと昔、果那の身に起こったこと、両親や親戚とのつながり。ふんわりと読み進めて静かな感動に包まれました。 …続きを読む
    ゆみねこ
    2019年05月29日
    75人がナイス!しています
  • 物にしても人にしても、言葉、会話等すべてをひっくるめて「なんとなく愛おしい」という気持が随所に表れている作品でした。梅屋のみなみちゃん、両親、親戚たちの会話の中にほんわかとした素敵な言葉がいっぱいあり 物にしても人にしても、言葉、会話等すべてをひっくるめて「なんとなく愛おしい」という気持が随所に表れている作品でした。梅屋のみなみちゃん、両親、親戚たちの会話の中にほんわかとした素敵な言葉がいっぱいありました。過去の誘拐事件が「かなしみの場所」だったのかな?果那の記憶と誘拐事件の真相がスッキリし、みんなの色々な問題も解決していく。色々起こるが、微笑ましく、静かな気持ちで読み進められました。 …続きを読む
    ねこにゃん@しばらくつぶ少なめ
    2013年02月17日
    30人がナイス!しています
  • 登場人物が多くて、3分の1くらいまでは誰が誰だか、この話がどんな話か掴めずに???という感じで読み進めましたが、それを超えるとすんなりと頭の中にはいってきました。いろんな場所があってそこには悲しみと喜 登場人物が多くて、3分の1くらいまでは誰が誰だか、この話がどんな話か掴めずに???という感じで読み進めましたが、それを超えるとすんなりと頭の中にはいってきました。いろんな場所があってそこには悲しみと喜びとそして営みがあるんでしょうね。 …続きを読む
    巨峰
    2013年11月09日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品