チョコリエッタ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784048734462

チョコリエッタ

  • 著者 大島 真寿美
  • 装丁 鈴木成一デザイン室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784048734462

こわばったモノクロ世界が、鮮やかに色づいてやわらいでいく、物語。

現実にうまく馴染めず、「チョコリエッタ」という虚構の名前にくるまり世間から逃避していた知世子は、映研での自主映画制作の過程で、本来の生気を取り戻し、窮屈なしがらみからのびのび解放されていく――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「チョコリエッタ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 守られてきたものから突然放り出された主人公知世子。厭世的日常や自己の無力感は、周りのほんのちょっとしたことを感じることができる自分自身で変わっていく気配がする。 喪失と自我の確立の物語、とても優しい物 守られてきたものから突然放り出された主人公知世子。厭世的日常や自己の無力感は、周りのほんのちょっとしたことを感じることができる自分自身で変わっていく気配がする。 喪失と自我の確立の物語、とても優しい物語。 …続きを読む
    14番目の月
    2017年02月06日
    46人がナイス!しています
  • 高校の映画研倶楽部の知世子さんは6歳の時に父親の運転する車で事故に遭い、母を喪う。 父は残された知世子さんの事をかえりみず、父の妹に育てられる。 喪失感は分かるのですが、叔母さんに甘えすぎかな。 そし 高校の映画研倶楽部の知世子さんは6歳の時に父親の運転する車で事故に遭い、母を喪う。 父は残された知世子さんの事をかえりみず、父の妹に育てられる。 喪失感は分かるのですが、叔母さんに甘えすぎかな。 そして先輩との撮影場面も含めて、この小説全体から感じたのは、高校・大学等の映画研で素人が創る映画そのもの。 文としてよりも映像が浮かんできました。 …続きを読む
    ぶんこ
    2015年03月26日
    44人がナイス!しています
  • 大島作品で読み落としていた1冊。愛犬ジュリエッタを亡くし、チョコリエッタという名の犬として過ごしたひと夏の物語。映画研究部の先輩と撮ったビデオも、チョコリエッタになった知世子もわかったようでわからない 大島作品で読み落としていた1冊。愛犬ジュリエッタを亡くし、チョコリエッタという名の犬として過ごしたひと夏の物語。映画研究部の先輩と撮ったビデオも、チョコリエッタになった知世子もわかったようでわからない。だけど、大島さんの描く空気感が、生きにくい一時期をキラキラしたものに見せていたような気がした。 …続きを読む
    キラ@道北民
    2017年04月05日
    33人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品