角川文庫

青の炎

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041979068
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

青の炎

  • 著者 貴志 祐介
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041979068

映画化決定!こんなにもせつない殺人者がかつていただろうか。

秀一は湘南の高校に通う17歳。女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹の三人暮らし。その平和な生活を乱す闖入者がいた。警察も法律も及ばず話し合いも成立しない相手を秀一は自ら殺害することを決意する。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「青の炎」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読み終えた後様々な思いが溢れ、また最後の文章が映像のように頭から離れなくなり眠れなくなってしまった。大義があってもそれが殺人ともなれば、成功しても失敗しても罪の重さに一生涯苦しみ続ける。普通の生活には 読み終えた後様々な思いが溢れ、また最後の文章が映像のように頭から離れなくなり眠れなくなってしまった。大義があってもそれが殺人ともなれば、成功しても失敗しても罪の重さに一生涯苦しみ続ける。普通の生活には戻れなくなる。期せずして秀一もそれを味わう。まさかこんなはずではなかった。計画を練る高揚感、追い詰められる息苦しさ。読者も秀一と同じ苦しみを味わう事になる。それはとても怖い体験。少なくともこれを読んだ者は犯罪を犯す気にはなれなくなるだろう。それほどまで現実的で重く悲しく胸を締め付ける作品。紛れなき傑作。 …続きを読む
    サム・ミイラ
    2014年08月02日
    604人がナイス!しています
  • 正に青い。 正に青い。
    takaC
    2004年10月25日
    395人がナイス!しています
  • 完全犯罪を目論み実行する高校二年生の、怒りと葛藤と恐れを事細かく描いている。 誰にも言えない孤独と戦い続けていよいよ追い込まれた時に、見えてなかった部分で助けてくれていた友と恋人、そして助ける決心を告 完全犯罪を目論み実行する高校二年生の、怒りと葛藤と恐れを事細かく描いている。 誰にも言えない孤独と戦い続けていよいよ追い込まれた時に、見えてなかった部分で助けてくれていた友と恋人、そして助ける決心を告げてくれた妹に気付かされて、ついには兜を脱ぐ。 万能感に踊らされて大人のフリして、最後は罪を償った後の自分の人生の絶望感に納得して一人で消える青い炎。幼い炎。 もっと視野が広かったら、もっと運が良かったら、もっと鈍感だったら、こんなに悲しい結末ではなかったはず。 胸が潰れそうでした。 …続きを読む
    sk4
    2012年09月10日
    364人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

貴志祐介(きし ゆうすけ)

1959年大阪生まれ。京都大学経済学部卒。生命保険会社に勤務後、作家に。1996年「ISOLA」が日本ホラー小説大賞長編賞佳作となり、『十三番目の人格 ISOLA』と改題して角川ホラー文庫より刊行される。翌年『黒い家』で第4回日本ホラー小説大賞を受賞、100万部を超えるベストセラーとなる。2005年『硝子のハンマー』で日本推理作家協会賞、2008年『新世界より』で日本SF大賞を受賞。2010年刊行された『悪の教典』は第1回山田風太郎賞を受賞したほか第144回直木賞の候補ともなり、その年の話題を独占した。他の著書に『クリムゾンの迷宮』『青の炎』『ダークゾーン』など。

最近チェックした商品