岡山女

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2000年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
2
ISBN:
9784048732635
ニコカド祭り2020

岡山女

  • 著者 岩井 志麻子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2000年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
2
ISBN:
9784048732635

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「岡山女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ひたひたと岡山弁の語りが恐怖を連れてくる。囲われていた旦那に心中の道連れにされかけた女、切りつけられて失った片目の代わりに「霊感」を得た。それを新しい生業にと張り切る両親と始めた商売。そのもとへ相談に ひたひたと岡山弁の語りが恐怖を連れてくる。囲われていた旦那に心中の道連れにされかけた女、切りつけられて失った片目の代わりに「霊感」を得た。それを新しい生業にと張り切る両親と始めた商売。そのもとへ相談に訪れる人々が語るのは、羨望、嫉妬、恋情…その果ての惨劇が少しずつ見えてくる様は禍々しくも魅惑的で次々と聞きたくなる。最後の話は人の怖さが彼女にも襲いかかり、その黒々しさは、まさに「ぼっけえきょうてえ」 …続きを読む
    リッツ
    2020年08月29日
    32人がナイス!しています
  • なんだろう…非常にタミエに好感を持つ。自分の生き方をわきまえている女、いつも困ったように静かに微笑んでいる美しい異形の女。家族の距離も乾いて醒めていてちょっと身勝手な部分があるのがかえってリアリティが なんだろう…非常にタミエに好感を持つ。自分の生き方をわきまえている女、いつも困ったように静かに微笑んでいる美しい異形の女。家族の距離も乾いて醒めていてちょっと身勝手な部分があるのがかえってリアリティがあるように感じた。文明開化によって変わりつつある岡山の街と当時の人々の姿が目に浮かぶよう。『ぼっけえ、きょうてえ』に感じたような湿度も堆肥の臭いもない。むしろ乾いているくらいなのに、不意に腐臭や狂気のような厭なにおいを嗅いでしまい、時おりタミエ同様にドキッと冷や汗をかいてしまった。 …続きを読む
    ゆっき~
    2014年03月02日
    9人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ あぁ。匂い立つような。岩井志麻子だなぁ。この世界観好きです。 ★★★☆☆ あぁ。匂い立つような。岩井志麻子だなぁ。この世界観好きです。
    Maki Uechi
    2017年04月29日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品