試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041847053

くるぐる使い

  • 著者 大槻 ケンヂ
  • 解説 綾辻 行人
  • カバーデザイン 高橋 葉介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041847053

  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「くるぐる使い」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • オーケンの小説はグミチョコ以来、数年ぶりに読みました。自らを外道と名乗る大道芸の男に買われた“気のふれた娘”。この設定だけでも、いかがわしさが半端なく漂う。友人とも親子とも恋愛ともつかぬ、強いていえば オーケンの小説はグミチョコ以来、数年ぶりに読みました。自らを外道と名乗る大道芸の男に買われた“気のふれた娘”。この設定だけでも、いかがわしさが半端なく漂う。友人とも親子とも恋愛ともつかぬ、強いていえば\共犯関係“に近い関係。それしか選べなかった人生。『泣き死ぬ』という言葉が余白をすべて埋め尽くすように強いインパクトを残す。似た作品があると思ったら、イタリア映画の「道」でした。不憫な娘の、哀しさと背中あわせの短く儚い幸せがやるせない。そして不器用な男の選んだ「道」もまた切なかったです。★4 …続きを読む
    chiru
    2021年05月30日
    108人がナイス!しています
  • 読友さんにおすすめいただきました。超常現象青春小説!?5つの短編どれもぶっとんだ設定で、シニカルだしブラックな笑いもあるんだけど、最後はしっかりセンチメンタル。「キラキラと輝くもの」「くるぐる使い」と 読友さんにおすすめいただきました。超常現象青春小説!?5つの短編どれもぶっとんだ設定で、シニカルだしブラックな笑いもあるんだけど、最後はしっかりセンチメンタル。「キラキラと輝くもの」「くるぐる使い」と「憑かれたな」がおもしろかった。オーケンの書く女の子って無垢で、あぶなっかしくってかわいいんよなあ。 …続きを読む
    YM
    2014年12月30日
    66人がナイス!しています
  • 面白い。オーケン初期作品はいわゆる電波系。五つの短篇。ザワつく、ヒリつく。心をそっと覗いたその先の歪。凶器と狂気の綺譚な奇譚。心にはきっと色がある。闇よりも黒。夕焼けより赤。極彩色?きっと向こう側の心 面白い。オーケン初期作品はいわゆる電波系。五つの短篇。ザワつく、ヒリつく。心をそっと覗いたその先の歪。凶器と狂気の綺譚な奇譚。心にはきっと色がある。闇よりも黒。夕焼けより赤。極彩色?きっと向こう側の心の色。ナキシネナキシネナキシネ、見世物小屋の世界──\くるぐる使い\。禁じられた恋のトラウマ──\キラキラと輝くもの\。現代のエクソシスト──\憑かれたな\。いまフツーに出そうとしたら自主規制とか掛かるよね?読み手を選ぶなぁ…。トンデモ話だけどプロットがしっかりしてて破綻がない。好きなひとにコレ、絶対お薦め。 …続きを読む
    『よ♪』
    2021年05月03日
    50人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品