FOK46 突如40代でギター弾き語りを始めたらばの記

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年03月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784041107300
ニコカド祭り2020

FOK46 突如40代でギター弾き語りを始めたらばの記

  • 著者 大槻 ケンヂ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年03月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784041107300

人生は出逢いと別れ、歌ときどきギター。私小説的エッセイ

四十にして惑わずとは言わずもがな孔子の言葉である。間違っている。40歳にしてわかったことは40代は大いに悩むという事実である(本文より)。一進一退の四十の手習いが胸を打つ!笑いと感動の私小説的エッセイ

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「FOK46 突如40代でギター弾き語りを始めたらばの記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • あのオーケンが、40代で突如ギターの弾き語りを始めたいきさつとそれにまつわる諸々のことを語ったエッセイ。最近のオ―ケンらしい肩の力の抜けた感じと、それでもしみじみ伝わってくる人生への諦めと優しい眼差し あのオーケンが、40代で突如ギターの弾き語りを始めたいきさつとそれにまつわる諸々のことを語ったエッセイ。最近のオ―ケンらしい肩の力の抜けた感じと、それでもしみじみ伝わってくる人生への諦めと優しい眼差し、みたいなものが交ざっていて、読んでいてとても心地良い。同じように歳を重ねてきたんだな、と個人的に会ったこともない著者に関してずうずうしくも思ってしまうけど、こればかりは同年代を生きている著者の文章を追いかけているものだけに与えられた特権だ。良いエッセイです。 …続きを読む
    くさてる
    2014年05月07日
    17人がナイス!しています
  • 40代半ばにして初めてギターの弾き語りを始めたFOK46こと大槻ケンヂのエッセイ。ギターの腕はわからないが、やはりエンターテイナーだなぁと改めて感心。木村カエラの感動の後に『死んでいく牛はモー』へ無理 40代半ばにして初めてギターの弾き語りを始めたFOK46こと大槻ケンヂのエッセイ。ギターの腕はわからないが、やはりエンターテイナーだなぁと改めて感心。木村カエラの感動の後に『死んでいく牛はモー』へ無理やりつなげるくだりは大爆笑してしまった。読んだあと思わずギターを手に取ってしまいました。 …続きを読む
    ふぇるけん
    2015年05月19日
    16人がナイス!しています
  • 高校時代から愛読していた大槻ケンヂが新著を出していたので読んだ。文体は変わっていないが、流石に50近いからなのか、どことなくセンチメンタリズムが前に出ている。確かに20代の頃からセンチメンタルな文章は 高校時代から愛読していた大槻ケンヂが新著を出していたので読んだ。文体は変わっていないが、流石に50近いからなのか、どことなくセンチメンタリズムが前に出ている。確かに20代の頃からセンチメンタルな文章はあったが、それとはまた別種の、人生の趣ともいうべきものが。20代と言えばかつて出した『のほほん日記』に通じるような、知人の死に関する記述も多く、それがまた20代の「死」とは違った響きを持っていて胸を締め付けられる。年を重ねるごとに変容した生活を彩るアコギと弾き語りという生活スタイル。 …続きを読む
    乙郎さん
    2015年01月11日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品