暴いておやりよドルバッキー

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041847237

暴いておやりよドルバッキー

  • 著者 大槻 ケンヂ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041847237

筋少まさかの復活! その時オーケンは……!?

若気の至りで大衝突の結果、解散した筋肉少女帯が復活。『グミ・チョコレート・パイン』がまさかの映画化。本人も全く予想できなかった展開を楽しむ、オーケンのぼよよん不思議な日々を綴ったエッセイ集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「暴いておやりよドルバッキー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 警察の職務質問に関するオーケンの対応が、我々市民が当然抱く疑問と怒りで、見習いたいものだと感じました。前科に至らなくても前歴が付くってこちらからしたら似た様なもんですし、『警察側でも横連絡をきちんとし 警察の職務質問に関するオーケンの対応が、我々市民が当然抱く疑問と怒りで、見習いたいものだと感じました。前科に至らなくても前歴が付くってこちらからしたら似た様なもんですし、『警察側でも横連絡をきちんとしろよ』って感じの事態。いいお巡りさんも勿論います。悪いのが目立ってしまうんだな。それが印象的でしたが、他の回も楽しく読める一冊。 …続きを読む
    幽冥牢彦(ゆめろうひこ)@雪景色好きの山羊の姿で現れる猫
    2017年02月14日
    10人がナイス!しています
  • ★★★★☆ 40歳を目前にしたオーケンエッセイ。今回もオカルト、格闘、映画などいつも通りだが、やっぱり音楽に関する話が一番面白い。このエッセイの時期は筋肉少女帯再結成した頃に書かれたので筋少が再結成す ★★★★☆ 40歳を目前にしたオーケンエッセイ。今回もオカルト、格闘、映画などいつも通りだが、やっぱり音楽に関する話が一番面白い。このエッセイの時期は筋肉少女帯再結成した頃に書かれたので筋少が再結成するまでの過程などが書かれてやっぱり久々にメンバーと会うのは気まずいのだろうな、など色々感じた。あと、今回再結成にあたり、オーケンが独断で筋少ベスト30曲を選んでるのが筋少ファンとしては面白い。へーこれはお気に入りなのかーとか思えた。あとアルバムについても解説してるのもファンとして面白い。 …続きを読む
    ニル(NIL)
    2016年10月27日
    8人がナイス!しています
  • 一日一日をひっしに生きてるのだろうと思うのだけどのほほん感がたっぷり分泌されており晴れた日にだらだら読むのに最適。厚くはないけど中身は薄くなく、自分の中でオーケンのエッセイは鉄板の部類に入るのでこれか 一日一日をひっしに生きてるのだろうと思うのだけどのほほん感がたっぷり分泌されており晴れた日にだらだら読むのに最適。厚くはないけど中身は薄くなく、自分の中でオーケンのエッセイは鉄板の部類に入るのでこれからも追っていく。もちろん本業のほうも。 …続きを読む
    赤字
    2011年04月16日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品