吾輩は猫である

吾輩は猫である

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1962年09月13日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
592
ISBN:
9784041001011

吾輩は猫である

  • 著者 夏目 漱石
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
1962年09月13日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
592
ISBN:
9784041001011
苦沙弥先生に飼われる一匹の猫「吾輩」が観察する人間模様。ユーモアや風刺を交え、猫に託して展開される人間社会への痛烈な批判で、漱石の名を高からしめた。今なお爽快な共感を呼ぶ漱石処女作にして代表作。 苦沙弥先生に飼われる一匹の猫「吾輩」が観察する人間模様。ユーモアや風刺を交え、猫に託して展開される人間社会への痛烈な批判で、漱石の名を高からしめた。今なお爽快な共感を呼ぶ漱石処女作にして代表作。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「吾輩は猫である」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 落語や講談を聞くようになってから読むとまったく印象が変わった。ことばが小三治さんや三三さんの声で聞こえてくる。思わずクスッと笑うところがたくさんあった。囲碁の話なんてちょっと笠碁のようじゃないか。本当 落語や講談を聞くようになってから読むとまったく印象が変わった。ことばが小三治さんや三三さんの声で聞こえてくる。思わずクスッと笑うところがたくさんあった。囲碁の話なんてちょっと笠碁のようじゃないか。本当の下町の住民じゃないから、荒っぽさが足りなく、その分理屈っぽくなり、それもまたいい。柳広司さんの描いた、この小説のもじりの中での結末に心が救われていたので、最後も安心した。この子はさすが先生のところの子、溺れる時まで理屈っぽいさねえ。 …続きを読む
    ケイ
    2023年06月02日
    126人がナイス!しています
  • お風呂で読書。表紙が変わってしまいましたが、俺が読んだ本はだいぶ古い、平成6年出版の本です。なので、俺が買ったのは小学校5年生の時ですね。そこから苦節28年。読み始めたら挫折し、またチャレンジして、を何度 お風呂で読書。表紙が変わってしまいましたが、俺が読んだ本はだいぶ古い、平成6年出版の本です。なので、俺が買ったのは小学校5年生の時ですね。そこから苦節28年。読み始めたら挫折し、またチャレンジして、を何度も繰り返し、何度も挫折し、ようやく読み終えた。長かった。感想よりもこの長い小説を最後まで読み終えたことそれだけが嬉しい。何度挫折したことか…ホント長かった…そんな大変な読書だったので、感想は読むの大変!に尽きてしまう…次はもっとちゃんと読めるようになりたい… …続きを読む
    ミュポトワ@猫mode
    2023年11月18日
    89人がナイス!しています
  • 吾輩は一読者である。本書のおもしろさはまだ掴めていない・・・・・(泣)。 吾輩は一読者である。本書のおもしろさはまだ掴めていない・・・・・(泣)。
    ehirano1
    2016年11月05日
    77人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品