トピックス

いま注目の作家・澤村伊智著「学校は死の匂い」 第72回日本推理作家協会賞【短編部門】受賞!

2019年4月25日(木)、澤村伊智氏の短編小説「学校は死の匂い」(「小説 野性時代」2018年8月号掲載)が、第72回日本推理作家協会賞の【短編部門】を受賞いたしました。



本作は、デビュー作『ぼぎわんが、来る』(第22回日本ホラー小説大賞<大賞>受賞作/映画『来る』原作)から始まる大人気「比嘉姉妹シリーズ」初の短編集、『などらきの首』(角川文庫)に収録されています。著者より受賞の言葉が届きました。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/7006/table/5821_1.jpg ]



今年3月15日に発売した初の長編ミステリ小説『予言の島』(単行本)は発売5日で重版が決まるなど今注目の作家・澤村伊智。代表作ともいえる「比嘉姉妹シリーズ」は、大型連休に読書を楽しみたい皆様にぜひおすすめしたい作品です。
★日本推理作家協会賞に関してはこちらから→ http://www.mystery.or.jp/
★選考委員(短編部門、評論・研究部門):
あさの あつこ氏、逢坂 剛氏、黒川 博行氏、長岡 弘樹氏、麻耶 雄嵩氏(五十音順)

■作品情報
雨の日にだけ、体育館に幽霊が出る――。
小学四年生の美晴は、学校に伝わる心霊めいた噂通りに体育館のキャットウォークから飛び降りる白い少女を目撃する。白い少女の正体は何か、何故彼女は飛び降りるのか。姉・琴子に対抗するため、美晴は真相究明に挑むが!?(受賞作「学校は死の匂い」)

「などらきさんに首取られんぞ」祖父母の住む地域に伝わる“などらき”という化け物。刎ね落とされたその首は洞窟の底に封印され、胴体は首を求めて未だに彷徨っているという。しかし不可能な状況で、首は忽然と消えた。僕は高校の同級生の野崎とともに首消失の謎に挑むが・・・・・・。(表題作「などらきの首」)

野崎はじめての事件を描いた表題作に加え、真琴と野崎の出会いや琴子の学生時代などファン必見のエピソード満載!シリーズ初の短編集。
収録作:「ゴカイノカイ」「学校は死の匂い」「居酒屋脳髄談義」「悲鳴」「ファインダーの向こうに」「などらきの首」

■『などらきの首』書誌情報
発売:2018年10月24日(水)※電子書籍も発売中
定価:本体640円+税
体裁:文庫判
頁数:304頁
レーベル:角川ホラー文庫
発行:株式会社KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/321805000222/

■著者プロフィール 澤村伊智(さわむら・いち)


1979年生まれ、大阪府出身。東京都在住。幼少時より怪談/ホラー作品に慣れ親しみ、岡本綺堂作品を敬愛する。2015年『ぼぎわんが、来る』(受賞時のタイトル「ぼぎわん」/映画「来る」原作)で第22回日本ホラー小説大賞<大賞>を受賞。巧妙な語り口と物語構成によって、全選考委員から高い評価を獲得した。その他の著作に『ずうのめ人形』『ししりばの家』『などらきの首』(比嘉姉妹シリーズ)、『恐怖小説 キリカ』『ひとんち澤村伊智短編集』など。最新作は初の長編ミステリに挑んだ『予言の島』。

■既刊情報 ※電子書籍も発売中
最新単行本:『予言の島』
初読はミステリ、二度目はホラー。この謎に、あなたもきっと囚われる。


【発売】2019年03月15日【定価】本体1,600円+税【頁数】320【体裁】四六判上製・単行本
https://www.kadokawa.co.jp/product/321712000413/

比嘉姉妹シリーズ:
第一弾『ぼぎわんが、来る』 “あれ”からは、決して逃れられない。


【発売】2018年2月24日【定価】本体680円+税【頁数】384【体裁】文庫判【レーベル】角川ホラー文庫
★特設サイト http://www.kadokawa.co.jp/sp/bogiwan/
★情報サイト https://www.kadokawa.co.jp/product/321709000366/

第二弾『ずうのめ人形』 その物語は、人を殺す――


【発売】2018年7月24日 【定価】本体760円+税 【頁数】464 【体裁】文庫判 【レーベル】角川ホラー文庫
★情報サイト https://www.kadokawa.co.jp/product/321712000412/

第三弾『ししりばの家』 
この家に、関わってはいけない。足を踏み入れたら、元のあなたには戻れない。


【発売】2018年6月30日 【定価】本体1,600円+税 【頁数】304 【体裁】四六判上製・単行本
https://www.kadokawa.co.jp/product/321612000231/