ししりばの家

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年06月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041054826

ししりばの家

  • 著者 澤村伊智
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年06月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041054826

いま最も注目を集めるエンタメ界の鬼才・澤村伊智が放つノンストップホラー

夫の転勤先の東京で幼馴染の平岩と再会した果歩。しかし招かれた平岩家は、不気味な砂が散る家だった。怪異の存在を訴える果歩に異常はないと断言する平岩。はたして本当に、この家に「怪異」は存在するのか――。

メディアミックス情報

NEWS

「ししりばの家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 澤村伊智は、全作読んでいる作家です。今回は怖い家系のオーソドックスなホラー、但しメチャクチャ怖くはないです。しかし砂がこんなに怖いなんて・・・『ししりば』がセコムだっただなんて(笑)鹿児島の指宿温泉で 澤村伊智は、全作読んでいる作家です。今回は怖い家系のオーソドックスなホラー、但しメチャクチャ怖くはないです。しかし砂がこんなに怖いなんて・・・『ししりば』がセコムだっただなんて(笑)鹿児島の指宿温泉で砂むし風呂を楽しんだこと想い出しました。 …続きを読む
    starbro
    2017年07月22日
    431人がナイス!しています
  • 守り神と呼ばれる存在は、大切に祀っている限りは、その家や土地、人を守ってくれるけれど、粗末にすると祟るものだと聞いたことがある。それは神罰と呼ばれ、霊的なものの中では最強に恐ろしいものだと。人の力を超 守り神と呼ばれる存在は、大切に祀っている限りは、その家や土地、人を守ってくれるけれど、粗末にすると祟るものだと聞いたことがある。それは神罰と呼ばれ、霊的なものの中では最強に恐ろしいものだと。人の力を超えた何かと約束を交わすという事は、子々孫々まで大切に受け継いでいく覚悟が必要で、安易な考えで何かを祀ったり、元々あった物を勝手に動かしてはいけないと祖父はよく言っていた。子供の頃、町内の一家が最悪の事態になった事があり、大人達が「裏に龍神様があった。かなり放っておかれてたみたいだ」と話していた事を思い出した。 …続きを読む
    風眠
    2017年09月13日
    282人がナイス!しています
  • いつのまにか、澤村作品4冊目の読了。今回は、ししりば!真相は、ひねりなく割とストレート。ビギニング比嘉琴子なお話です。読後は、鳥取砂丘にドコデモドアで来ちゃった感満載です。攻めの、ぼぎわん、ずうのめ、 いつのまにか、澤村作品4冊目の読了。今回は、ししりば!真相は、ひねりなく割とストレート。ビギニング比嘉琴子なお話です。読後は、鳥取砂丘にドコデモドアで来ちゃった感満載です。攻めの、ぼぎわん、ずうのめ、守りの、ししりば!でしょうか? …続きを読む
    chika
    2017年09月07日
    281人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品