ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 IX 人の死なないミステリ

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 IX 人の死なないミステリ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041141496
label

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 IX 人の死なないミステリ

  • 著者 松岡 圭祐
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041141496

『ヤングドラゴンエイジ』でコミカライズ開始、人気ビブリオミステリ!

書き下ろし作品が本屋大賞にノミネートされたことで、作家としての評価が少しずつ高まってきていた李奈。そんなある日、岩崎翔吾絡みで因縁のある出版社、鳳雛社の編集者から新作執筆のオファーが舞い込む。数多くの作家が代表作を発表してきた文芸ひとすじの老舗からの誘いに、喜び勇んで会社を訪ねる李奈だったが、そこから思いもよらない事件に巻き込まれていく――。 書き下ろし作品が本屋大賞にノミネートされたことで、作家としての評価が少しずつ高まってきていた李奈。そんなある日、岩崎翔吾絡みで因縁のある出版社、鳳雛社の編集者から新作執筆のオファーが舞い込む。数多くの作家が代表作を発表してきた文芸ひとすじの老舗からの誘いに、喜び勇んで会社を訪ねる李奈だったが、そこから思いもよらない事件に巻き込まれていく――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

解説 タカザワケンジ(書評家)

シリーズ好評発売中!

▼角川文庫 シリーズ既刊はこちらから!

▼コミカライズ連載中!

同じシリーズの作品

「ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 IX 人の死なないミステリ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 作家としての存在を認められ始めた李奈。純文学の出版社・鳳雛社の編集者・岡田から執筆の依頼を受け、寄稿するが、副編集長・宗武から「若い女性主人公が亡くなるという結末にせよ」とのダメ出しが入る。これを拒否 作家としての存在を認められ始めた李奈。純文学の出版社・鳳雛社の編集者・岡田から執筆の依頼を受け、寄稿するが、副編集長・宗武から「若い女性主人公が亡くなるという結末にせよ」とのダメ出しが入る。これを拒否した李奈は、宗武から新たなオファーを受ける。それは、岡田の社内での悪行を暴く内容だった。宗武の「売らんかな」という方針に反対する岡田を追い落とすような内容に岡田はある行動に出る。李奈の「十六夜月」は原案通り出版されベストセラーになって、めでたい結末。出版業界の裏話や、本に関する蘊蓄満載の詰まった興味深い1冊。 …続きを読む
    藤枝梅安
    2023年10月05日
    83人がナイス!しています
  • とうとうヒロイン李奈が売れっ子作家の仲間入りした本作。今までは難事件に巻き込まれ類まれなる洞察力と知識で名推理を披露しながら本業の小説では陽の目を見なかった李奈が本業で花が開いて本当に良かった。今回は とうとうヒロイン李奈が売れっ子作家の仲間入りした本作。今までは難事件に巻き込まれ類まれなる洞察力と知識で名推理を披露しながら本業の小説では陽の目を見なかった李奈が本業で花が開いて本当に良かった。今回は新人作家をプロデュースして売れっ子作家に仕立てる辣腕編集者に関わる難事件にまたも李奈が巻き込まれるがいつもの名推理を発揮して解決する爽快な展開でしたが内容は出版業界のズブズブした裏側を曝す暗さもあった。前作から李奈が一皮剥ける兆しがあったけど開花した。もう『新人作家』じゃなく『売れっ子作家』に改名すれば? …続きを読む
    カメ吉
    2023年10月05日
    64人がナイス!しています
  • 相変わらず、リーダビリティが高く、一気に読んでしまいました。 メインキャラクタが難病で死んでしまう、泣かせるための物語って好みではないのですが、そのアンチテーゼとして、作家たちが、人が死なないミステリ 相変わらず、リーダビリティが高く、一気に読んでしまいました。 メインキャラクタが難病で死んでしまう、泣かせるための物語って好みではないのですが、そのアンチテーゼとして、作家たちが、人が死なないミステリを発表したという話は、実際にあった話であれば、ちょっと、作家さんたちの意地を感じてうれしくなります。 李奈は、ついにベストセラー作家になりましたが、いったんの区切りではないのは、うれしい限りです。 最後に、ちょっと、サブ・タイトルがもったいないと思った。ある人物の生存が透けてしまっています。 …続きを読む
    つっちー
    2023年09月23日
    61人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品