ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年10月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041120569

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論

  • 著者 松岡 圭祐
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年10月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041120569

新進気鋭の作家に盗作疑惑!? 発覚後は失踪――

ラノベ作家の杉浦李奈は、新進気鋭の小説家・岩崎翔吾との雑誌対談に出席。テーマの「芥川龍之介と太宰治」について互いに意見を交わした。この企画がきっかけとなり、次作の帯に岩崎からの推薦文をもらえることになった李奈だったが、新作発売直前、岩崎の小説に盗作疑惑が持ち上がり、この件は白紙に。そればかりか、盗作騒動に端を発した不可解な事件に巻き込まれていく……。真相は一体? 出版界を巡る文学ミステリ!
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著者新作は文学要素を重視したライトな読み味。本編は太宰や芥川を始めとした純文学の話題が多いのが特徴で、本作はビブリオミステリとして松岡作品にまた新境地が開かれたような印象を受けました。またちょっとした 著者新作は文学要素を重視したライトな読み味。本編は太宰や芥川を始めとした純文学の話題が多いのが特徴で、本作はビブリオミステリとして松岡作品にまた新境地が開かれたような印象を受けました。またちょっとした時事トピックを挿入する等の著者らしさも健在。そして主人公の新人作家・杉浦は結構な読書家で対人関係が苦手という女性で、松岡さんがこれまで描いてきた才気煥発な格好良いヒロインの印象とは異なります。ただ本作を最後まで読めばそんな主人公の成長過程も含めて本作の魅力となっていて、やはり今作も続巻を期待させる終幕でした。 …続きを読む
    Shun
    2021年10月23日
    25人がナイス!しています
  • 松岡氏の新シリーズということで、期待しつつ発売日に購入。ラノベ文庫3冊という駆け出しの女性小説家(主人公)が、処女作が大ヒットした男性と対談する場面から始まる。主人公初の単行本の帯の推薦文をくだんの男 松岡氏の新シリーズということで、期待しつつ発売日に購入。ラノベ文庫3冊という駆け出しの女性小説家(主人公)が、処女作が大ヒットした男性と対談する場面から始まる。主人公初の単行本の帯の推薦文をくだんの男性に頼んで、書いてもらったまではいいが、その男性に盗作疑惑が浮上し、真相を主人公が追うことになる。本筋はミステリーだが、例によって松岡氏得意の蘊蓄がちりばめられる。それが古今の日本文学ネタだから、確かに本好きははまるだろうな。シリーズらしいから、事件を通して成長した主人公の次の活躍を期待しよう。 …続きを読む
    ともパパ
    2021年10月24日
    18人がナイス!しています
  • いつもの作風とは結構違って、文芸作品の色が強い作品だったけど、そこはさすが松岡圭祐といった感じの楽しませ方が随所にあり終わり方も秀逸。続編はあるかな。 いつもの作風とは結構違って、文芸作品の色が強い作品だったけど、そこはさすが松岡圭祐といった感じの楽しませ方が随所にあり終わり方も秀逸。続編はあるかな。
    2021年10月26日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品