ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 IV シンデレラはどこに

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年04月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041125410

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 IV シンデレラはどこに

  • 著者 松岡 圭祐
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年04月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041125410

事件の鍵は本の中にあり――。新感覚のビブリオミステリ!

中堅・グライト出版が大々的に売りだした新人作家REN。刊行した作品が女子中高生を中心に次々ベストセラーになるが、既刊からのパクり問題が浮上しブームは突如として失速。出版界の事件を解決してきた李奈には、被害作家からの相談が寄せられる。自著からの盗作も判明し、頭を悩ませる中、別の難題も抱えていた。「シンデレラの原典を探れ」という不可解なメールが届いたのだ。送り主の意図、そしてその正体は一体……!?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 IV シンデレラはどこに」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 相変わらずのリーダビリティで、一気読みでした。ただ、ここまでのシリーズに比べて、ケレン味が強い印象だった。シンデレラの原点探しの一連の流れのスケールが大きすぎて、李奈の個人的なキャパシティを大きく逸脱 相変わらずのリーダビリティで、一気読みでした。ただ、ここまでのシリーズに比べて、ケレン味が強い印象だった。シンデレラの原点探しの一連の流れのスケールが大きすぎて、李奈の個人的なキャパシティを大きく逸脱していると感じた。ちょっと都合が良すぎる展開に感じてしまった。同時にRENの思考の仕方やキャラクタと、李奈へのアプローチにも乖離をかんじられて、若干練りこみ不足の印象を持ってしまいまった。 またしても、盗作がテーマになっているあたり、松岡氏には、何らかの思い入れがあるのかなぁと少し気になりました。 …続きを読む
    つっちー
    2022年05月04日
    44人がナイス!しています
  • シリーズ4弾。今回は世界各地に伝わる「シンデレラ」譚について。中国アジアにもあったのは知ってたけど、古代の日本にも「米福粟福」なんてあったんだ!😳とても興味深かったです。エジプト、ベトナム、インド、 シリーズ4弾。今回は世界各地に伝わる「シンデレラ」譚について。中国アジアにもあったのは知ってたけど、古代の日本にも「米福粟福」なんてあったんだ!😳とても興味深かったです。エジプト、ベトナム、インド、アラビア、ヨーロッパ。魚が出てきたり、シンデレラが継母を殺したりパターンもいろいろ。こんなに古くから世界に広がった物語の起源とは?!それを調べないと大切な人が死ぬと脅迫された李奈。そこに新人作家の大量パクリ疑惑が加わるのですが…この辺り、ちょっと混乱。AIまで出てくるとは!英美里さんが千重子かと思った😅 …続きを読む
    shio
    2022年04月26日
    34人がナイス!しています
  • タイトル通り、シンデレラの原点を探れと脅迫される杉浦季奈。シンデレラと言えば絵本などで一般的なものと、「本当は怖い」的な物を思い出すが、この作品の中ではもっとすごい展開のシンデレラ(らしき)の物語がた タイトル通り、シンデレラの原点を探れと脅迫される杉浦季奈。シンデレラと言えば絵本などで一般的なものと、「本当は怖い」的な物を思い出すが、この作品の中ではもっとすごい展開のシンデレラ(らしき)の物語がたくさん出てきてびっくりする。そして「ナリラウギス」にはやられたわー。そういう人がいたと思うじゃん!シリーズ通して思うのは、1作ごとに題材やテーマは違っているけど、ずっと「盗作」「著作権」が顔を出してくること。気になってしまう。 …続きを読む
    2022年05月15日
    33人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品