ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 VIII 太宰治にグッド・バイ

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 VIII 太宰治にグッド・バイ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041134795
label

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 VIII 太宰治にグッド・バイ

  • 著者 松岡 圭祐
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041134795

コミカライズ決定! 人気のビブリオミステリシリーズ!!

太宰治の遺書とみられる文書が、75年ぶりに発見された。太宰本人の筆である可能性が高いことから筆跡鑑定が進められていたが、真贋判定の直前に仕事部屋で起きたボヤにより鑑定人が不審な死を遂げる。李奈が真相究明に乗り出すが、同時期に本屋大賞にノミネートされた同業者の柊が行方不明になったことで、胸中は穏やかではない。太宰の遺書と気鋭の作家の失踪に関連は? そして遺書は本物か? 手に汗握るビブリオエンタメ! 太宰治の遺書とみられる文書が、75年ぶりに発見された。太宰本人の筆である可能性が高いことから筆跡鑑定が進められていたが、真贋判定の直前に仕事部屋で起きたボヤにより鑑定人が不審な死を遂げる。李奈が真相究明に乗り出すが、同時期に本屋大賞にノミネートされた同業者の柊が行方不明になったことで、胸中は穏やかではない。太宰の遺書と気鋭の作家の失踪に関連は? そして遺書は本物か? 手に汗握るビブリオエンタメ!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

解説 西上心太(書評家)

同じシリーズの作品

「ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 VIII 太宰治にグッド・バイ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 太宰治の第五の遺書と思われる文書が発見され、鑑定家が発表することになっていたが、直前にその鑑定家が死亡する。一方、若手作家が失踪する。李奈はこの二つの事件に関して推理をめぐらせる。出版社や雑誌が実名で 太宰治の第五の遺書と思われる文書が発見され、鑑定家が発表することになっていたが、直前にその鑑定家が死亡する。一方、若手作家が失踪する。李奈はこの二つの事件に関して推理をめぐらせる。出版社や雑誌が実名で登場し、出版業界の裏側も見せながら、編集トップの意向が編集部員の行動に影響し、「売れるためには手段を択ばず」の姿勢が犯罪に結び付く過程が描かれている点が印象的。謎解き上手の新人作家が、真の作家になっていく道のりは長く、遠い。 …続きを読む
    藤枝梅安
    2023年04月05日
    103人がナイス!しています
  • シリーズ8作目。今回は太宰治の5枚目の遺書が見つかった?真贋を調べる専門家が行方不明となりもう一人の鑑定家も謎の死を遂げる。他殺ならば完全な密室殺人となる。深まる謎にまたも巻き込まれる李奈が気の毒すぎ シリーズ8作目。今回は太宰治の5枚目の遺書が見つかった?真贋を調べる専門家が行方不明となりもう一人の鑑定家も謎の死を遂げる。他殺ならば完全な密室殺人となる。深まる謎にまたも巻き込まれる李奈が気の毒すぎる。今回も李奈の知識は素晴らしいし人間として作家としてもピュア過ぎてもどかしく感じた。このシリーズも恋愛ネタが少ない目でしたが今回は少し李奈に恋心が芽生えて新鮮に感じました。なかなか芽が出ない作家生活を送る李奈もそろそろ売れっ子作家になってほしいと思ってたけど少し売れっ子作家の兆しが…。やっと報われた感じ?。 …続きを読む
    カメ吉
    2023年03月01日
    91人がナイス!しています
  • 一気読みでしたが、違和感もありました。特に前半の「グッド・バイ」からの長々とした引用は、かなりストレスでした。そのせいで、前半部分が薄味で、それぞれの登場キャラクタの印象があまり残りませんでした。 解 一気読みでしたが、違和感もありました。特に前半の「グッド・バイ」からの長々とした引用は、かなりストレスでした。そのせいで、前半部分が薄味で、それぞれの登場キャラクタの印象があまり残りませんでした。 解決編が始まれば、さすがのリーダビリティで、一気に読み進められました。が、どなたかの感想にもありましたが、解決編が唐突に始まる印象で、犯人へつながる道筋が、強引な印象になっています。 犯行の動機を知ると、現在のコンテンツを一気に消費する風潮もあいまって、著者自身が考えているであろう、やりきれなさを感じました。 …続きを読む
    つっちー
    2023年03月06日
    74人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品