悪の芽

悪の芽

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041138748
label

悪の芽

  • 著者 貫井 徳郎
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041138748

何気ないひと言が、殺人鬼を生んだ――。貫井ミステリの最高峰!

大手銀行に勤める41歳の安達は、無差別大量殺傷事件のニュースに衝撃を受ける。40人近くを襲ってその場で焼身自殺した男が、小学校時代の同級生だったのだ。あの頃、俺はあいつに取り返しのつかない過ちを犯した。この事件は、俺の「罪」なのか――。懊悩する安達は、凶行の原点を求めて犯人の人生を辿っていく。彼の壮絶な怒りと絶望を知った安達が、最後に見た景色とは。誰の心にも兆す“悪”に鋭く切り込んだ、傑作長編ミステリ! 大手銀行に勤める41歳の安達は、無差別大量殺傷事件のニュースに衝撃を受ける。40人近くを襲ってその場で焼身自殺した男が、小学校時代の同級生だったのだ。あの頃、俺はあいつに取り返しのつかない過ちを犯した。この事件は、俺の「罪」なのか――。懊悩する安達は、凶行の原点を求めて犯人の人生を辿っていく。彼の壮絶な怒りと絶望を知った安達が、最後に見た景色とは。誰の心にも兆す“悪”に鋭く切り込んだ、傑作長編ミステリ!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

プロローグ
第一章
第二章
第三章
第四章
第五章
第六章
第七章
エピローグ

解説 石井光太

「悪の芽」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 安達が斉木の人生を調べ始めた動機が、自分が過去にしたことと斉木の犯行に関係はなかった、と信じたかったからだとしか思えず、共感はできなかった。まだ真壁のほうが本当に反省しているように思えた。斉木がしたこ 安達が斉木の人生を調べ始めた動機が、自分が過去にしたことと斉木の犯行に関係はなかった、と信じたかったからだとしか思えず、共感はできなかった。まだ真壁のほうが本当に反省しているように思えた。斉木がしたことは許されないことだが、絶望に至った心情は理解できる。悪の芽は、人間として生まれてきた者全てが持つ原罪なのかもしれない。だが、悪の芽もあれば、きっと善の芽もあるはずだ。他者を思いやる気持ち、想像力を忘れずに持ち続ければ、きっと、悪の芽に負けない力強い善の芽が大きく育つと信じている。 …続きを読む
    とろこ
    2024年02月08日
    39人がナイス!しています
  • 社会派ミステリーを書かせたら当代随一でしょう。本作も例外ではないです。ラストまでは。ただラストは別の意味でいいシーンで終わる。事件は人を悪くするだけではない。いい方向で進化もする。いい小説でした。 社会派ミステリーを書かせたら当代随一でしょう。本作も例外ではないです。ラストまでは。ただラストは別の意味でいいシーンで終わる。事件は人を悪くするだけではない。いい方向で進化もする。いい小説でした。
    てつ
    2024年02月11日
    33人がナイス!しています
  • 正直…犯人の動機は腑に落ちず理解ができない。それでも、犯人がどんな気持ちで幼少期から生きてきたのかその人生を思ってみた時にとても苦しくて悲しい気持ちになる。誰もが同じ人生になり得る種を持っていて何をき 正直…犯人の動機は腑に落ちず理解ができない。それでも、犯人がどんな気持ちで幼少期から生きてきたのかその人生を思ってみた時にとても苦しくて悲しい気持ちになる。誰もが同じ人生になり得る種を持っていて何をきっかけにその種が芽を出すかはわからない…。本人はたくさんたくさんの善の芽を持っているのに悪の芽を咲かすしかなかった気持ちを思うと辛いけれど、それでもたくさんの罪のない人達に手をかける事は許される事ではない。世知辛い世の中だけれど、たくさんの善の芽が咲くことを祈りたい。 …続きを読む
    ぴ〜る
    2024年01月28日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品