北天の馬たち

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年10月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784041105818

北天の馬たち

  • 著者 貫井 徳郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年10月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784041105818

作家デビュー20周年記念作品!

横浜・馬車道にある喫茶店「ペガサス」で働く毅志は、二階に探偵事務所を開いた皆藤と山南の仕事を手伝うことに。しかし、付き合いを重ねるうちに、毅志は皆藤と山南に対してある疑問を抱いていく……。

登場人物相関図

作品舞台




おすすめコメント

横浜、珈琲、探偵、友情、格好よくて男の子が好きなものがつまっている!
読んでいて自分も仲間に入りたくなりました!
――品川祐さん(お笑い芸人)

しびれる設定、深まる謎。毒をもって毒を制することは許されるのか。
貫井徳郎が描くのは、人の業の深さ、そして矜持だ。
――永江朗さん(書評家)

抜こうにも抜けない過去の記憶という名のトゲ。
貫井が抜くぞ。痛くないぞ。
――杉江松恋(書評家)


※ミステリ評論家・千街 晶之氏の書評はこちら!

https://kadobun.jp/reviews/6885l9ujz5kw.html


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「北天の馬たち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 仮に角倉の計画がうまく行ったとして彼が遺産相続できるのか疑問だったがそんな細部は問題ではないということか。どうせうまく行かなかったのだし。悪くはなかったけど貫井小説としてはイマイチ寄りだな。 仮に角倉の計画がうまく行ったとして彼が遺産相続できるのか疑問だったがそんな細部は問題ではないということか。どうせうまく行かなかったのだし。悪くはなかったけど貫井小説としてはイマイチ寄りだな。
    takaC
    2016年02月27日
    172人がナイス!しています
  • 馬車道の喫茶店ペガサスの2階に下宿する皆藤、山南という二人の探偵と喫茶店を営む母親、マスターの毅志、血が繫がっていない親子の淑子、芽衣香との交流。毅志が探偵仕事を手伝う事になり強姦犯「角倉」結婚詐欺女 馬車道の喫茶店ペガサスの2階に下宿する皆藤、山南という二人の探偵と喫茶店を営む母親、マスターの毅志、血が繫がっていない親子の淑子、芽衣香との交流。毅志が探偵仕事を手伝う事になり強姦犯「角倉」結婚詐欺女「橘衣子」を罠にはめ刑務所に送る。ある日毅志が角倉の兄である「伊丹」に暴行を受け、皆藤、山南の二人は置き手紙を残し消える。角倉と橘が兄弟であった事と淑子、芽衣香との関係が明らかになり二人が彼女たちを守るために消えた事を知る。極悪非道の伊丹を消した二人。毅志と再会させてほしい。3つの各短編に繋がりがあり面白い。 …続きを読む
    テディ
    2015年11月01日
    126人がナイス!しています
  • 遺産相続を巡るお家騒動と暴走族半グレ軍団を絡めて探偵とその大家である喫茶店の店主の物語。読みやすいけどストーリーが中途半端だったな。 暴走族はあの芸能界との問題で騒がした関東○○でしょ?貫井さんっぽく 遺産相続を巡るお家騒動と暴走族半グレ軍団を絡めて探偵とその大家である喫茶店の店主の物語。読みやすいけどストーリーが中途半端だったな。 暴走族はあの芸能界との問題で騒がした関東○○でしょ?貫井さんっぽくなかったなあ。やっぱ初期の症候群シリーズの頃の作風に戻って欲しいなあ。 …続きを読む
    タックン
    2014年01月18日
    87人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

魅力あふれるキャラクターと、テンポ良く進む会話は想像力を刺激します。各所に散りばめられた伏線が、後半に向かって見事に回収されていく様子が圧巻です。(みつばちぶーんさん)

終盤は涙が止まらず、これが貫井作品なんだなと実感しました。登場人物は、この先どんな人生を歩むのか、読後の余韻に浸っています。(きなこを冷蔵庫で冷やして食べるさん)

読後感は最高だったし、読了した瞬間は頭の中がからっぽになるくらい、久しぶりにミステリを読んで感動しました。本作は、ぜひとも若い世代に読んでほしい。(mutantmoguraさん)

最近チェックした商品