試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041046081

北天の馬たち

  • 著者 貫井 徳郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041046081

立て続けに舞い込んだ奇妙な依頼。2人の探偵が隠す真実とは!?

横浜・馬車道にある喫茶店「ペガサス」で働く毅志は、二階に探偵事務所を開いた皆藤と山南の仕事を手伝うことに。しかし、付き合いを重ねるうちに、毅志は皆藤と山南に対してある疑問を抱いていく……。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

登場人物相関図

作品舞台




おすすめコメント

横浜、珈琲、探偵、友情、格好よくて男の子が好きなものがつまっている!
読んでいて自分も仲間に入りたくなりました!
――品川祐さん(お笑い芸人)

しびれる設定、深まる謎。毒をもって毒を制することは許されるのか。
貫井徳郎が描くのは、人の業の深さ、そして矜持だ。
――永江朗さん(書評家)

抜こうにも抜けない過去の記憶という名のトゲ。
貫井が抜くぞ。痛くないぞ。
――杉江松恋(書評家)


※ミステリ評論家・千街 晶之氏の書評はこちら!

https://kadobun.jp/reviews/6885l9ujz5kw.html


メディアミックス情報

NEWS

「北天の馬たち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 横浜は馬車道で母と喫茶店を営む青年・毅志。店の2階を間借りして探偵事務所を始めた皆藤と山南に憧れ、仕事を手伝うようになるが、暴行犯への復讐、男女のマッチングと不可解な仕事が続く。憧れる男達に近付く為真 横浜は馬車道で母と喫茶店を営む青年・毅志。店の2階を間借りして探偵事務所を始めた皆藤と山南に憧れ、仕事を手伝うようになるが、暴行犯への復讐、男女のマッチングと不可解な仕事が続く。憧れる男達に近付く為真相を調べ始めるが…貫井さんはどんなに分厚くても読ませるリーダビリティの高さが魅力の作家だと思っているが、どうも淡々としていて心を掴むとっかかりがないというか、お得意の人物描写も抑えめで塩分控えめな感じ。イイ話なんだけど、毒がなく気分が乗らないまま終わってしまい残念。貫井さんに健康志向は求めてないということで。 …続きを読む
    あも
    2017年06月09日
    62人がナイス!しています
  • 久しぶりの貫井徳郎。引き込まれてあっと言う間に読了。喫茶店の2Fに探偵事務所を構えた皆藤と山南。二人に興味をもった喫茶店の毅志が彼らの仕事を手伝う。ただこれが普通の探偵の仕事と少し違うことに違和感を持 久しぶりの貫井徳郎。引き込まれてあっと言う間に読了。喫茶店の2Fに探偵事務所を構えた皆藤と山南。二人に興味をもった喫茶店の毅志が彼らの仕事を手伝う。ただこれが普通の探偵の仕事と少し違うことに違和感を持つ毅志が周辺を探り出しついに真相にたどり着くというストーリー。毅志が謎を解くところまでは非常に面白くテンポよく読み進むが、ラストにかけて残念な気持ちになる。ここまで盛り上げて、えっこれ・・・?練られた構成で面白かっただけに少しがっかり。う〜ん・・・ …続きを読む
    となりのトウシロウ
    2021年11月23日
    58人がナイス!しています
  • 横浜 馬車道にあるコーヒーが滅法美味い喫茶店ペガサス。店の2Fには探偵事務所がある。馬車道の探偵事務所というと、私は〇田〇司のキテレツな超名探偵が真っ先に頭に浮かぶが(^^;、今回の探偵はとても人好き 横浜 馬車道にあるコーヒーが滅法美味い喫茶店ペガサス。店の2Fには探偵事務所がある。馬車道の探偵事務所というと、私は〇田〇司のキテレツな超名探偵が真っ先に頭に浮かぶが(^^;、今回の探偵はとても人好きのする感じのいい2人のナイスガイで、語り手である1Fの喫茶店マスター(母親が店主)は2人に憧れるあまり助手を願い出て手伝わせてもらっているほど。ストーリーは先を急がせられる面白さだが、結末は・・・イマイチかな(^^; うーん、ミステリアスな探偵たちの正体はあまり分からない。タイトルは喫茶店の店名絡みか。 …続きを読む
    NADIA
    2017年08月23日
    52人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

魅力あふれるキャラクターと、テンポ良く進む会話は想像力を刺激します。各所に散りばめられた伏線が、後半に向かって見事に回収されていく様子が圧巻です。(みつばちぶーんさん)

終盤は涙が止まらず、これが貫井作品なんだなと実感しました。登場人物は、この先どんな人生を歩むのか、読後の余韻に浸っています。(きなこを冷蔵庫で冷やして食べるさん)

読後感は最高だったし、読了した瞬間は頭の中がからっぽになるくらい、久しぶりにミステリを読んで感動しました。本作は、ぜひとも若い世代に読んでほしい。(mutantmoguraさん)

最近チェックした商品