試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2000年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784043541010

天使の屍

  • 著者 貫井 徳郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2000年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784043541010

14歳の息子が、突然、飛び降り自殺を遂げた。真相を追う父親の前に立ち塞がる《子供たちの論理》。14歳という年代特有の不安定な少年の心理、世代間の深い溝を鮮烈に描き出した異色ミステリ!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「天使の屍」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ストーリーはラストまで興味尽きず、本当に色んな意味で衝撃的な作品だった。だがミステリとして収束しているものの、これが中学生の発想だろうかという疑問を最後まで払拭できず。LSDや性行為など興味本意でやっ ストーリーはラストまで興味尽きず、本当に色んな意味で衝撃的な作品だった。だがミステリとして収束しているものの、これが中学生の発想だろうかという疑問を最後まで払拭できず。LSDや性行為など興味本意でやってしまう年頃であることは理解できるが、「子供の論理」なる理屈で罪まで犯すとは理解も共感もできない。孤独な悩みではないのに何故もっと別の考えが浮かばないのかとそのおかしな結束力にも首を捻るし、それだけ強固な意志を何故違う解決に生かせないのかと呆れてしまう。青木の「実の親でない」という設定も本筋に関係なく不要。 …続きを読む
    Yoko Omoto
    2014年09月09日
    124人がナイス!しています
  • お気に入り作家、貫井氏を読みたくてたまたま本屋で手にした文庫本📖あれ⁉️慟哭、乱反射、愚行録と同じ作者なの⁉️起承転結がはっきりし過ぎて読み易す過ぎる💦中学生の自殺にまつわる話だけど安っぽいテレビ お気に入り作家、貫井氏を読みたくてたまたま本屋で手にした文庫本📖あれ⁉️慟哭、乱反射、愚行録と同じ作者なの⁉️起承転結がはっきりし過ぎて読み易す過ぎる💦中学生の自殺にまつわる話だけど安っぽいテレビ東京あたりのサスペンスドラマ観てるみたいでした😓でもテレビでは放映絶対無理❗️中学2年生男女がクスリ使って恍惚の表情でセックスを🤪それが裏ビデオで出回って😱明らかな法令違反❗️と堅いことは申しません😅正直見てみたい気も😜まあ、兎に角、難しく考えずサラリと通勤電車内二日間で読めるライトな小説でした✌️ …続きを読む
    ミッフー
    2019年07月17日
    107人がナイス!しています
  • たまたま手に取ったら続きが気になって一気読み。だけど、謎とき部分は?の連続。中学生が麻薬使いながら乱交、それが裏ビデオとして出回り、そそのかした同級生を殺すために何人もの子ども達が自殺する。そそのかし たまたま手に取ったら続きが気になって一気読み。だけど、謎とき部分は?の連続。中学生が麻薬使いながら乱交、それが裏ビデオとして出回り、そそのかした同級生を殺すために何人もの子ども達が自殺する。そそのかした中学生は自分より成績の良い同級生を追い落とすために薬と女をあてがう。出だしが面白く惹かれただけに物語の芯の品の無さが残念。集団自殺の必然性もない。親としてもっと出来ることがあったのではないかと悩む、血の繋がらない父の慟哭と逡巡は切実で、真実に近づいていく課程も面白かった。違う落し所はなかったのだろうか。 …続きを読む
    chimako
    2019年07月19日
    83人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品