試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041072257

女が死んでいる

  • 著者 貫井 徳郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041072257

朝起きたら、知らない女の死体があった――。ひねりと企みに満ちた短篇集。

二日酔いで目覚めた朝、ベッドの横の床に見覚えのない女の死体があった。俺が殺すわけがない。知らない女だ。では誰が殺したのか――?(「女が死んでいる」)表題作他7篇を収録した、企みに満ちた短篇集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「女が死んでいる」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 短編集。全ての話がどんでん返しのオチです。びっくりするほどのオチの話はなかったけれど、読みやすいしどんなオチで終わるのかと楽しく読めました。『レッツゴー』はコミカルな青春ストーリーだったので可愛くて和 短編集。全ての話がどんでん返しのオチです。びっくりするほどのオチの話はなかったけれど、読みやすいしどんなオチで終わるのかと楽しく読めました。『レッツゴー』はコミカルな青春ストーリーだったので可愛くて和みました。その他は殺人等サスペンス系。読み手の思い込みをうまく利用した文章がうまいと思います。『二重露出』『憎悪』『殺人は難しい』が好きです。 …続きを読む
    2019年07月15日
    127人がナイス!しています
  • 貫井さんといえば分厚く重い鈍器本。なにより内容が重いヌックン。よってキャリアに比して、短編集はまだ5冊目。ライトな話も多く、こんなの書くのか!という良い意味での裏切りもあるが、一方で食い足りなさも残る 貫井さんといえば分厚く重い鈍器本。なにより内容が重いヌックン。よってキャリアに比して、短編集はまだ5冊目。ライトな話も多く、こんなの書くのか!という良い意味での裏切りもあるが、一方で食い足りなさも残る。起きたら見知らぬ女が自分の部屋で死んでいる…って定番の悪夢(あもも見たことある)のオチで軽く唸る。トリックよりは展開重視。短編ならではのサクッと斬る軽やかさは悪くない。掉尾を飾る最終話がなんとJK視点の恋愛ミステリ!ヌックン女子高生描くの下っ手糞だなぁ~というのも何だか微笑ましい笑。オチの爽やかさがグッド。 …続きを読む
    あも
    2019年01月17日
    100人がナイス!しています
  • 7編からなる短編ミステリー。オチが読めた作品も何作かあったが、7編全てがワンパターンではなく、違った雰囲気だったので結構楽しめた。中でもクズ男が主人公『女が死んでいる』、女性の純愛が悲しい『憎悪』、本 7編からなる短編ミステリー。オチが読めた作品も何作かあったが、7編全てがワンパターンではなく、違った雰囲気だったので結構楽しめた。中でもクズ男が主人公『女が死んでいる』、女性の純愛が悲しい『憎悪』、本書内では異色の作品、可愛い女子高生が主役の『レッツゴー』がお気に入り。『母性という名の狂気』は怖い.....。全く予備知識なく、新刊コーナーにあったというだけの理由で読んでみた。今までこの作者の本を読んだことがなかったので、入門編としては非常によかったと思う。長編も読んでみたくなった。 …続きを読む
    megumi
    2019年01月05日
    98人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品