科学する心

科学する心

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044007225
label

科学する心

  • 著者 池澤 夏樹
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044007225

科学とは五感をもって自然に向き合う姿勢なのだ。料理からAIまで、13篇

科学が日常から遠くなってしまった。暮らしの道具は、便利ではあってもブラック・ボックスとなった。しかし科学とは、五感をもって自然に向き合う姿勢ではなかったか。料理、日時計、昆虫、宇宙から、生命の誕生、進化論、原子力、人工知能まで――。法則と一回性、抽象と具体、科学と文学の間を自由に思索し、ときにその境界をラディカルに揺さぶる科学随筆13編。新たな書き下ろし「環世界とカーナビと心の委員会」を収録。解説・中村桂子 科学が日常から遠くなってしまった。暮らしの道具は、便利ではあってもブラック・ボックスとなった。しかし科学とは、五感をもって自然に向き合う姿勢ではなかったか。料理、日時計、昆虫、宇宙から、生命の誕生、進化論、原子力、人工知能まで――。法則と一回性、抽象と具体、科学と文学の間を自由に思索し、ときにその境界をラディカルに揺さぶる科学随筆13編。新たな書き下ろし「環世界とカーナビと心の委員会」を収録。解説・中村桂子

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

・ウミウシの失敗
・日時計と冪とプランク時代
・無限と永遠
・進化と絶滅と愛借
・原子力、あるいは事象の一回性
・体験の物理、日常の科学
・知力による制覇の得失
・『昆虫記』と科学の文学性
・「考える」と「思う」の違い
・主観の反逆、あるいは我が作品の中の反科学
・パタゴニア紀行
・光の世界の動物たち
・環世界とカーナビと心の委員会

 文庫解説 中村 桂子

「科学する心」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 文学者とは言いながらも池澤さんはもともと理科系の学部を卒業されていてかなり科学の素養はおありだということは以前より知っていました。この本も科学についてのエッセイで非常に読みやすくさらっと読んでしまいま 文学者とは言いながらも池澤さんはもともと理科系の学部を卒業されていてかなり科学の素養はおありだということは以前より知っていました。この本も科学についてのエッセイで非常に読みやすくさらっと読んでしまいました。子どもの頃の思い出やご自分のいた場所などから様々な話をつむいでくれてこのような本から読むと科学嫌いの子どもは少なくなるのではないかという気もしました。 …続きを読む
    KAZOO
    2023年06月11日
    94人がナイス!しています
  • 芸術と科学は、心臓の左右心房のようなものだとよく思う。観察と真理の追及。アウトプットが違うように思えても、実は求めていることは近い。池澤さんがこんな本を出しているとは知りませんでした。読んでいる本、考 芸術と科学は、心臓の左右心房のようなものだとよく思う。観察と真理の追及。アウトプットが違うように思えても、実は求めていることは近い。池澤さんがこんな本を出しているとは知りませんでした。読んでいる本、考えていることがシンクロして読みながらワクワク。台所は理科室のようなものだしね。この興奮をシェアしてくれる相手が世界にいる喜びよ!読み友さんに大感謝です。 …続きを読む
    たまきら
    2023年03月28日
    43人がナイス!しています
  • AIは「考える」ことはできるが「思う」ことはできない。「考える」とは論理的に演繹的に物事を進めることであろうし、機械はあり意味人間の設定した機能と仕組みを最短で正確に進めていくことに長けていることはあた AIは「考える」ことはできるが「思う」ことはできない。「考える」とは論理的に演繹的に物事を進めることであろうし、機械はあり意味人間の設定した機能と仕組みを最短で正確に進めていくことに長けていることはあたりまえだろう。「思う」ということはそこに感情がともなう。あるいは身体が欲する方向に「何かをしてしまう」ということにつながっている。そこが人間の脆さでもあるが、生物の複雑な進化を考えたときAIが決して到達できない何かなのであろう。優れたAIよりも生命誕生から今の状況ができていることの方がはるかに高度なのだ。 …続きを読む
    shun( 早瀬俊)
    2023年02月26日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品