キトラ・ボックス

キトラ古墳の謎、北京の陰謀。1300年の時空を超えた考古学ミステリー

  • 著者 池澤 夏樹
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2017年03月25日
キトラ・ボックス

キトラ古墳の謎、北京の陰謀。1300年の時空を超えた考古学ミステリー

奈良天川村-トルファン-瀬戸内海大三島。それぞれの土地で見つかった禽獣葡萄鏡が同じ鋳型で造られたと推理した藤波三次郎は、国立民族学博物館研究員の可敦(カトゥン)の協力を求める。新疆ウイグル自治区から赴任した彼女は、天川村の神社の銅剣に象嵌された北斗が、キトラ古墳天文図と同じであると見抜いた。なぜウイグルと西日本に同じ鏡があるのか。剣はキトラ古墳からなんらかの形で持ち出されたものなのか。謎を追って、大三島の大山祇神社を訪れた二人は、何者かの襲撃を受ける。窮地を救った三次郎だったが、可敦は警察に電話をしないでくれと懇願する。悪漢は、新疆ウイグル自治区分離独立運動に関わる兄を巡り、北京が送り込んだ刺客ではないか。三次郎は昔の恋人である美汐を通じ、元公安警部補・行田に協力を求め、可敦に遺跡発掘現場へ身を隠すよう提案するが――。

読者モニターレビュー

実在の話なのかと思うほどに引き込まれて読みました。遺跡の話にはまれるのかな?と少し思って読み始めましたけれど、ものすごく面白くて、一瞬でも退屈する時間がなく、一気に読むことができました。同時進行で進むほうがミステリアスで、興味深かったです。アトミックボックスも読みたいと思います。
――myonさん

飛鳥時代の人々に思いを馳せながら、パズルをゆっくり紐解くような気分で読みました。はるか昔、日本の礎を築いた人々のロマンを主人公達と一緒に感じました。ラストはびっくりしたけれど。
――アボカドさん

とてもテンポ良くストーリーが進んでいくので、一気に読み終えてしまいました。現代と古代、日本と唐での出来事がリンクしながら謎解きしていく感覚がとても面白かったです。遥か古代から、人間の想いや営みは綿々と受け継がれて来ているのだなと改めて考古学という学問のロマンも感じました。
――ちぃちぃさん

著者紹介

池澤 夏樹(いけざわ なつき)

1945年北海道生まれ。『スティル・ライフ』で中央公論新人賞、第98回芥川賞を受賞。『南の島のティオ』で小学館文学賞。『マシアス・ギリの失脚』で谷崎潤一郎賞。『言葉の流星群』で宮沢賢治賞。著作活動全般について、司馬遼太郎賞受賞。

書籍売上ランキング

最近チェックした商品