キトラ・ボックス

キトラ古墳の謎、北京の陰謀。1300年の時空を超えた考古学ミステリー

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年03月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041037256

キトラ・ボックス

キトラ古墳の謎、北京の陰謀。1300年の時空を超えた考古学ミステリー

  • 著者 池澤 夏樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年03月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041037256

キトラ古墳の謎、北京の陰謀。1300年の時空を超えた考古学ミステリー

奈良天川村-トルファン-瀬戸内海大三島。それぞれの土地で見つかった禽獣葡萄鏡が同じ鋳型で造られたと推理した藤波三次郎は、国立民族学博物館研究員の可敦(カトゥン)の協力を求める。新疆ウイグル自治区から赴任した彼女は、天川村の神社の銅剣に象嵌された北斗が、キトラ古墳天文図と同じであると見抜いた。なぜウイグルと西日本に同じ鏡があるのか。剣はキトラ古墳からなんらかの形で持ち出されたものなのか。謎を追って、大三島の大山祇神社を訪れた二人は、何者かの襲撃を受ける。窮地を救った三次郎だったが、可敦は警察に電話をしないでくれと懇願する。悪漢は、新疆ウイグル自治区分離独立運動に関わる兄を巡り、北京が送り込んだ刺客ではないか。三次郎は昔の恋人である美汐を通じ、元公安警部補・行田に協力を求め、可敦に遺跡発掘現場へ身を隠すよう提案するが――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「キトラ・ボックス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 古い神社の御神体である鏡と剣の出自を巡る考古学ミステリー、からのウイグル人女性の拉致事件。話は現代と平安朝、日本と中国、ウイグル自治区までスケール大きく展開する。竹取物語異譚の『かがやく月の宮』を読ん 古い神社の御神体である鏡と剣の出自を巡る考古学ミステリー、からのウイグル人女性の拉致事件。話は現代と平安朝、日本と中国、ウイグル自治区までスケール大きく展開する。竹取物語異譚の『かがやく月の宮』を読んだばかりだったので、あの人が!とわくわくした。『アトミック・ボックス』の面々が再集結しての活躍も嬉しい。美汐さん、やっぱりキレ者だ。こんな風にするすると考古学の謎が解明されたら楽しいだろうな。小市民の私は、基金の3万円を返還するべきだと可敦さんにちょっと怒っている。 …続きを読む
    mocha
    2018年10月07日
    102人がナイス!しています
  • スティルライフで出会い30年余り。彼はいつも私を旅に誘う。それはかつて旅した土地もあれば未知の場所もあり、時に、遥か彼方まで。鳥になり風をはらみ水平線を超え、舳に羽を休める。あるいは、星降る島で耳を澄 スティルライフで出会い30年余り。彼はいつも私を旅に誘う。それはかつて旅した土地もあれば未知の場所もあり、時に、遥か彼方まで。鳥になり風をはらみ水平線を超え、舳に羽を休める。あるいは、星降る島で耳を澄ませ、潮騒に眠る。そして、人に在り痛みを分かち、使命を貫く。それらがひとつの環に繋がる美しさを、旅の道すがら私に囁く。差し出された腕に身をゆだねる遠い旅路。本作は、天文図を頭上に頂くキトラ古墳を軸に、現代と古代を往来する考古学ミステリーに仕上げられている。池澤さん、あなたの旅にどこまでも、いつまでも。 …続きを読む
    jam
    2017年07月10日
    100人がナイス!しています
  • 考古学、発掘、古代の遺跡に興味のある人なら堪らない物語なのではないでしょうか…かく言う私もその一人なもんで(笑)後にキトラ古墳と呼ばれる墓からの宝物を狙った小悪党…命からがら盗み出した宝剣と鏡は不思議 考古学、発掘、古代の遺跡に興味のある人なら堪らない物語なのではないでしょうか…かく言う私もその一人なもんで(笑)後にキトラ古墳と呼ばれる墓からの宝物を狙った小悪党…命からがら盗み出した宝剣と鏡は不思議な力の存在でその場に留め置かれ…それを見出した修験者の手により神社の御神体として祀られる事と…時は移り現代、神社の改修工事を前に御神体の調査を依頼された考古学者は中国回紇自治区から来日中の女性研究者と調査を始めるが、その女性を狙った拉致未遂事件が発生する…古代史の謎解きと暗躍する諜報機関…これは参った!(笑) …続きを読む
    ダミアン4号
    2017年05月07日
    95人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

実在の話なのかと思うほどに引き込まれて読みました。遺跡の話にはまれるのかな?と少し思って読み始めましたけれど、ものすごく面白くて、一瞬でも退屈する時間がなく、一気に読むことができました。同時進行で進むほうがミステリアスで、興味深かったです。アトミックボックスも読みたいと思います。
――myonさん

飛鳥時代の人々に思いを馳せながら、パズルをゆっくり紐解くような気分で読みました。はるか昔、日本の礎を築いた人々のロマンを主人公達と一緒に感じました。ラストはびっくりしたけれど。
――アボカドさん

とてもテンポ良くストーリーが進んでいくので、一気に読み終えてしまいました。現代と古代、日本と唐での出来事がリンクしながら謎解きしていく感覚がとても面白かったです。遥か古代から、人間の想いや営みは綿々と受け継がれて来ているのだなと改めて考古学という学問のロマンも感じました。
――ちぃちぃさん

著者紹介

池澤 夏樹(いけざわ なつき)

1945年北海道生まれ。『スティル・ライフ』で中央公論新人賞、第98回芥川賞を受賞。『南の島のティオ』で小学館文学賞。『マシアス・ギリの失脚』で谷崎潤一郎賞。『言葉の流星群』で宮沢賢治賞。著作活動全般について、司馬遼太郎賞受賞。

最近チェックした商品