アトミック・ボックス

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041037157

アトミック・ボックス

  • 著者 池澤 夏樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041037157

父は28年前、国産原子力爆弾開発に参加していた!? 謀略サスペンス!

人生でひとつ間違いをしたという言葉を遺し、父は死んだ。直後、美汐の前に現れた郵便局員は、警視庁を名乗った。30年にわたる監視。父はかつて、国産原子爆弾製造に携わったのだ。国益を損なう機密資料を託された美汐は、父親殺人の容疑で指名手配されてしまう。張り巡らされた国家権力の監視網、命懸けの逃亡劇。隠蔽された国家プロジェクトの核心には、核爆弾を巡る国家間の思惑があった。社会派サスペンスの傑作!
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「アトミック・ボックス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 瀬戸内海の島々を飛び石のように跳躍する逃亡劇。社会学者であるヒロイン美汐の身体能力と決断力、倫理観が痛快でかっこいい。池澤氏の編纂や翻訳のもの、エッセイは読んでいるが、オリジナル小説を読むのはこれが初 瀬戸内海の島々を飛び石のように跳躍する逃亡劇。社会学者であるヒロイン美汐の身体能力と決断力、倫理観が痛快でかっこいい。池澤氏の編纂や翻訳のもの、エッセイは読んでいるが、オリジナル小説を読むのはこれが初めて。原子力や国益について考えさせられる3.11後の作品だが、あくまでエンタメ小説としてテンポよく読めるのがいい。ただ「パパ」という呼称がなんだかしっくり来なかった。 …続きを読む
    mocha
    2018年07月29日
    87人がナイス!しています
  • キトラ・ボックスを先に読んだせいで、大まかなあらすじを知ってしまったのが残念。知らなければもっと楽しめただろうに。女性主人公が映画のような冒険をしていくが、根底にあるものは重くて深い。「人の安全保障」 キトラ・ボックスを先に読んだせいで、大まかなあらすじを知ってしまったのが残念。知らなければもっと楽しめただろうに。女性主人公が映画のような冒険をしていくが、根底にあるものは重くて深い。「人の安全保障」と「国家の安全保障」の違いに考えさせられる。 …続きを読む
    すがやん
    2017年08月02日
    34人がナイス!しています
  • 東日本大震災後に毎日新聞に連載されたサスペンス小説。冒険であり逃亡劇であり核開発とその秘密保持。追ってくるのは日本の公安。実の父に30年に渡り監視が付いていたその理由と、父に託されたミッションを行使す 東日本大震災後に毎日新聞に連載されたサスペンス小説。冒険であり逃亡劇であり核開発とその秘密保持。追ってくるのは日本の公安。実の父に30年に渡り監視が付いていたその理由と、父に託されたミッションを行使する娘の取る行動は、読み易いが様々な知識を披露してくれる。核を持つことはもちろん、核を開発するだけでも大変なリスクを背負うことになる。期待した以上に面白かった。 …続きを読む
    James Hayashi
    2018年06月18日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品