読書の裏側 千夜千冊エディション 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年07月21日
商品形態:
電子書籍

読書の裏側 千夜千冊エディション

  • 著者 松岡 正剛
発売日:
2022年07月21日
商品形態:
電子書籍

書物に携わるすべての「修羅たち」に捧ぐ

本は書かれるだけじゃない。読まれるだけでもない。創られるものだ。書物を愛し、膨大な英知を逍遥してきた松岡正剛が、本のさらに向こう側へと突き進む。
編集、造本、活字、挿絵、写真、翻訳、校正、装幀、組版、製本、書店、本棚、書評、選書……。この、愛しき本の修羅たちよ!
一冊の本が作られて読まれる、その「裏側」まで覗き見て、書物を深く深く愛する術を語りつくす。書物を愛するすべての人に捧ぐ、究極の「愛書術」。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「読書の裏側 千夜千冊エディション」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 松岡さんの千夜千冊の最新版で「読書の裏側」ということで本がどのようにして書かれているのかについての本について考察をされています。全体で5章構成でとくに3章以下が楽しめました。第三章では「本の企画を読む 松岡さんの千夜千冊の最新版で「読書の裏側」ということで本がどのようにして書かれているのかについての本について考察をされています。全体で5章構成でとくに3章以下が楽しめました。第三章では「本の企画を読む」では「時代をつくった編集者101」が印象深いものでした。第四章の「本棚を読む」では私も既読の本が多く松岡さんに比べると読みこみ方の貧弱さが明らかになりました。第五章では「岩波文庫の赤帯を読む」が面白い分類法をしていました。 …続きを読む
    KAZOO
    2022年07月30日
    82人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品