角川ソフィア文庫

千夜千冊エディション 情報生命

本は遊びたがっている。知はつながりたがっている。生命は情報である。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784044004132
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ソフィア文庫

千夜千冊エディション 情報生命

本は遊びたがっている。知はつながりたがっている。生命は情報である。

  • 著者 松岡 正剛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784044004132

本は遊びたがっている。知はつながりたがっている。生命は情報である。

SF、遺伝子、意識・・・。地球生命圏には、まだなお未知の情報生命があっても不思議はない。先人のさまざまな考察を生命の進化、ゲノムの不思議、意識の不可思議等々から、多角的に分析。

もくじ

第一章 主上・情報・再魔術
アーサー・C・クラーク『地球幼年期の終わり』428夜
J・G・バ ラード『時の声』80夜
ブライア ン・W・オールディス『地球の長い午後』538夜
ジームズ・ラヴロック『ガイアの時代』584夜
グレゴリー・ベイトソン『精神の生態学』446夜
モリス・バーマン『デカルトからベイトソンへ』1241夜

第二章 生命と遺伝子
エルヴィン・シュレディンガー『生命とは何か』1043夜
A・G・ケアンズ スミス『遺伝的乗っ取り』1621夜
アントワーヌ・ダンシャン『ニワトリとタマゴ』598夜
リチャード・ドーキンス『利己的な遺伝子』1069夜
マット・リドレー『やわらかな遺伝子』1620夜
中村桂子『自己創出する生命・ゲノムが語る生命』1618夜
スーザン・ブラックモア『ミーム・マシーンとしての私』647夜

第三章 創発するシステム
マトゥラナ&ヴァレラ『オートポイエーシス』1063夜
蔵本由紀『非線形科学』1225夜
清水博『生命を捉えなおす』1060夜
ジョン・キャスティ『複雑性とパラドックス』1066夜
スチュアート・カウフマン『自己組織化と進化の論理』1076夜

第四章 サイバー・ヴェロシティ
ルネ・デュボス『内なる神』10夜
ジャスパー・ホフマイヤー『生命記号論』1616夜
デイヴィッド・ピート『シンクロニシティ』805夜
ジョン・C・リリー『意識の中心』207夜
ティモシー・リアリー『神経政治学』936夜
フィリップ・K・ディック『ヴァリス』883夜
デヴィッド・ストーク編集『HAL伝説』91夜
ウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』62夜
ハキム・ベイ『T.A.Z』1117夜
マーク・デリー『エスケープ・ヴェロシティ』230夜
チャールズ・ペレグリーノ『ダスト』402夜

メディアミックス情報

NEWS

「千夜千冊エディション 情報生命」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 4冊目は題名の通り生命科学や理科系の本を取り上げられています。最初にはSFの作品で有名なものが3冊挙げられています。私も読んだものばかりなのでこのような読み方をしているのかと気づかされる場面が多くあり 4冊目は題名の通り生命科学や理科系の本を取り上げられています。最初にはSFの作品で有名なものが3冊挙げられています。私も読んだものばかりなのでこのような読み方をしているのかと気づかされる場面が多くあります。ただ読んでいない本などはこれほど懇切丁寧に分析してくれるとすっかり読んだ気になってしまうのが欠点ではないでしょうか?幅広い分野を読んでいます。 …続きを読む
    KAZOO
    2018年11月29日
    112人がナイス!しています
  • この巻は自分には難解な書籍の紹介が多かった印象。 この巻は自分には難解な書籍の紹介が多かった印象。
    Akito Yoshiue
    2018年09月25日
    10人がナイス!しています
  • 寝床の横に置いて、毎晩、少しずつ読んできた。懐かしい本も多く紹介されている。SFを良く読んでいた頃の記憶が蘇る。「地球の長い午後」などは、ほとんど記憶が飛んでいるが、本の表紙と、巨大樹を根城に暮してい 寝床の横に置いて、毎晩、少しずつ読んできた。懐かしい本も多く紹介されている。SFを良く読んでいた頃の記憶が蘇る。「地球の長い午後」などは、ほとんど記憶が飛んでいるが、本の表紙と、巨大樹を根城に暮しているような人類のイメージは頭に残っている。むろん、読んでいない本も多く、いやあ、一体、どんな風に生きたら、こうした重要な本たちを残らず読破できるんだろう?と、暗然としてしまう。まあ、娯楽のみの詰まらぬ本を読まなければ良いんだが、そういう本もたまには読みたく、悩み深い日々を過ごすのだな。 …続きを読む
    冬佳彰
    2019年03月14日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

松岡 正剛(まつおか せいごう)

編集者。編集工学研究所所長。編集工学を提唱し、情報文化と情報技術をつなぐ研究・開発・実践に携わる。

最近チェックした商品