角川ソフィア文庫

情報生命 千夜千冊エディション

発売日:
2018年09月22日
商品形態:
電子書籍
情報生命 千夜千冊エディション 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

本は遊びたがっている。知はつながりたがっている。生命は情報である。

SF、遺伝子、意識・・・。地球生命圏には、まだなお未知の情報生命があっても不思議はない。先人のさまざまな考察を生命の進化、ゲノムの不思議、意識の不可思議等々から、多角的に分析。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「情報生命 千夜千冊エディション」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 4冊目は題名の通り生命科学や理科系の本を取り上げられています。最初にはSFの作品で有名なものが3冊挙げられています。私も読んだものばかりなのでこのような読み方をしているのかと気づかされる場面が多くあり 4冊目は題名の通り生命科学や理科系の本を取り上げられています。最初にはSFの作品で有名なものが3冊挙げられています。私も読んだものばかりなのでこのような読み方をしているのかと気づかされる場面が多くあります。ただ読んでいない本などはこれほど懇切丁寧に分析してくれるとすっかり読んだ気になってしまうのが欠点ではないでしょうか?幅広い分野を読んでいます。 …続きを読む
    KAZOO
    2018年11月29日
    112人がナイス!しています
  • この巻は自分には難解な書籍の紹介が多かった印象。 この巻は自分には難解な書籍の紹介が多かった印象。
    Akito Yoshiue
    2018年09月25日
    10人がナイス!しています
  • DNAについてちら考える程度で生命科学とは縁遠い私でも興味を持てるような、文学や哲学を散りばめた親切な入口設定に、楽しく読めた。バラードの『時の声』は読まねば。門外漢ながらベイトソンやシュレーディンガ DNAについてちら考える程度で生命科学とは縁遠い私でも興味を持てるような、文学や哲学を散りばめた親切な入口設定に、楽しく読めた。バラードの『時の声』は読まねば。門外漢ながらベイトソンやシュレーディンガーにも興味。ただ三章あたりは門外すぎてぽやぽやしてしまったが、パウリ→ユング→シンクロニティあたりでまた興味覚醒、『AKIRA』に至ってニヤリ。読後、ストロガッツが微分積分でウイルス生成消失速度を計算したなんて、以前はスルーしてた話題にも反応するようになった、自分の影響されやすさを実感。浸りました。 …続きを読む
    なおこっか
    2019年06月13日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品