油絵は謎をささやく

油絵は謎をささやく

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年03月26日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041124567

油絵は謎をささやく

  • 著者 翔田 寛
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年03月26日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041124567

現代の贋作騒動と明治期の女性失踪事件に、慧眼の美術教授が挑む!

日本文化史の大学教授・小宮山香織のもとに、教え子から相談事が持ち込まれた。山形の実家が所有する油彩画に、贋作の疑いがかけられたというのだ。明治期を代表する洋画家・高橋由一が描いたとされる《隧道図》は、真筆に近い特徴を持ちながら、いくつかの謎をはらんでいた。真贋を調べる香織はやがて、描画当時の事件が鍵を握ることに気づくが――。
明治期の不可解な失踪事件、道路事業をめぐる百姓一揆、真贋不明の奇妙な絵、そして新たな殺人。
油絵が呼び寄せた謎の先に、驚天動地の真実が待つ!
日本文化史の大学教授・小宮山香織のもとに、教え子から相談事が持ち込まれた。山形の実家が所有する油彩画に、贋作の疑いがかけられたというのだ。明治期を代表する洋画家・高橋由一が描いたとされる《隧道図》は、真筆に近い特徴を持ちながら、いくつかの謎をはらんでいた。真贋を調べる香織はやがて、描画当時の事件が鍵を握ることに気づくが――。
明治期の不可解な失踪事件、道路事業をめぐる百姓一揆、真贋不明の奇妙な絵、そして新たな殺人。
油絵が呼び寄せた謎の先に、驚天動地の真実が待つ!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「油絵は謎をささやく」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1枚の油絵を巡るミステリー、真贋を見極めるためには、明治時代の事件の謎解きが必須と、時代小説的なストーリー。 明治の矛盾に満ちた時代背景をバックに事件は動きだす。 真贋の成果がストーリーの中心ではあるが 1枚の油絵を巡るミステリー、真贋を見極めるためには、明治時代の事件の謎解きが必須と、時代小説的なストーリー。 明治の矛盾に満ちた時代背景をバックに事件は動きだす。 真贋の成果がストーリーの中心ではあるが、明治の事件がほどよく絡まり、スムーズに読み終えたかな。 油絵が主役の謎解きミステリーでしょうか。 …続きを読む
    たかし
    2022年06月23日
    249人がナイス!しています
  • 美術品を扱うミステリはカネ絡みの欲望渦巻くパターンが多いが、珍しく歴史物と交錯して思いがけない事実が浮かび上がるドラマを成立させている。明治の画家高橋由一作品の真贋調査を依頼された研究者の小宮山香織が 美術品を扱うミステリはカネ絡みの欲望渦巻くパターンが多いが、珍しく歴史物と交錯して思いがけない事実が浮かび上がるドラマを成立させている。明治の画家高橋由一作品の真贋調査を依頼された研究者の小宮山香織が、権力者に反抗できない画家が絵に込めた思いを調べるうちに殺人事件に巻き込まれ、隠された過去と現在の犯罪の真相にたどり着くプロセスは意外性に満ちている。専門家としての意地とプライドで捜査を諦めない香織の個性が事件とマッチし、物語に疾走感を生んでいる。明治パートをもっと充実させれば、小説として厚みが増していたが。 …続きを読む
    パトラッシュ
    2022年08月05日
    150人がナイス!しています
  • 謎だらけの一冊。明治時代の隧道を描いた一枚の油絵は贋作なのか、大学教授らが迫るミステリ。真贋どちらかの謎、描かれた時に前後して起きた女性失踪事件、隧道建設を取り巻く騒動は関係するのか謎だらけの油絵に隠 謎だらけの一冊。明治時代の隧道を描いた一枚の油絵は贋作なのか、大学教授らが迫るミステリ。真贋どちらかの謎、描かれた時に前後して起きた女性失踪事件、隧道建設を取り巻く騒動は関係するのか謎だらけの油絵に隠され秘められた意図が次第に浮き彫りになっていく過程は明治と現代を行き来し終始惹きつけられた。裏向きの意味、遺された言葉の意味といい細かな点も謎の輪を大きく広げ真相へ導いてくれた気がする。さまざまな心情をも閉じ込める絵画の奥は想像するほど興味深い。巧みな一計にはなるほど。そして手紙が動かす人の心、そこにほろり。 …続きを読む
    ちょろこ
    2022年05月15日
    140人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品