黙秘犯

黙秘犯

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年08月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041080399

黙秘犯

  • 著者 翔田 寛
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2019年08月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041080399

その沈黙は保身か、償いか。乱歩賞作家渾身の警察ミステリー

夜の住宅街で大学生が撲殺された。目撃証言と凶器に残った指紋、傷害事件の前歴から、すぐに割り出された容疑者・倉田。だが、捜査に乗り出した船橋署の刑事らは、殺人とは縁遠い倉田の愚直で禁欲的な素顔に違和感を抱く。さらに、背後には海水浴場で起きた不審死と連続婦女暴行という、日時も場所も異なる2つの事件が複雑に絡み合っていることが判明する。そんな中、捜査本部に圧力がかかり……。 夜の住宅街で大学生が撲殺された。目撃証言と凶器に残った指紋、傷害事件の前歴から、すぐに割り出された容疑者・倉田。だが、捜査に乗り出した船橋署の刑事らは、殺人とは縁遠い倉田の愚直で禁欲的な素顔に違和感を抱く。さらに、背後には海水浴場で起きた不審死と連続婦女暴行という、日時も場所も異なる2つの事件が複雑に絡み合っていることが判明する。そんな中、捜査本部に圧力がかかり……。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「黙秘犯」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この作家さん、3冊目。 ちょっと前半の動きが鈍く感じられたが、中盤から話が一気に進み、引き込まれ読了。 途中から真犯人はわかるが、様々な事件が入り混じる中で、その糸が解かれ、真実があきらかに。 真犯人の裏 この作家さん、3冊目。 ちょっと前半の動きが鈍く感じられたが、中盤から話が一気に進み、引き込まれ読了。 途中から真犯人はわかるが、様々な事件が入り混じる中で、その糸が解かれ、真実があきらかに。 真犯人の裏にある狂気、権力や虐めなど、犯人のどうしようもなさも際立ち、帯にある、「この犯人だけは、逃げ切らせるものか」の言葉にもつながる。 ただ、沈黙の彼に、もっとスポットを当てても良かったのではと思いながらも、読了。 なかなか面白い警察小説でしょうか。 …続きを読む
    たかし
    2020年04月04日
    298人がナイス!しています
  • ほとんど倉田本人の言葉はない。けれど、刑事たちの捜査でその人となりが浮かび上がる。哀しい男がいたんだなぁ・・対象的に被害者や共犯者、倉田の遠縁の一家、果ては警察上層部には反吐が出る。刑事たちの執念で真 ほとんど倉田本人の言葉はない。けれど、刑事たちの捜査でその人となりが浮かび上がる。哀しい男がいたんだなぁ・・対象的に被害者や共犯者、倉田の遠縁の一家、果ては警察上層部には反吐が出る。刑事たちの執念で真実が明らかになるのだが、完黙が自分に科した錘だったのかい?墓場まで持って行く事が詫びだったのかい?倉田よ・・どうか、どうか自分の今を生きて欲しい。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2019年09月19日
    200人がナイス!しています
  • 凶器に残る指紋、逃走時の目撃者、被害者を撲殺した状況証拠は揃っているのに、なぜか動機を黙して語らない容疑者。船橋署の刑事たちの地道な捜査で少しづつ見えてきた真実の裏には、人間社会の醜さに翻弄される男の 凶器に残る指紋、逃走時の目撃者、被害者を撲殺した状況証拠は揃っているのに、なぜか動機を黙して語らない容疑者。船橋署の刑事たちの地道な捜査で少しづつ見えてきた真実の裏には、人間社会の醜さに翻弄される男の、実直であるがゆえの悲哀が隠されていた・・。前作「冤罪犯」に引き続き、作者の手掛ける警察小説は、謎解きの妙や派手さはないものの、輻輳する事件の背景を丹念に掘り起こす構成力が生命線だ。加えて、作品の奥行きや完成度は及ぶべくもないが、あの名作「容疑者Xの献身」のオマージュともとれる収束が複雑な余韻を醸し出している …続きを読む
    utinopoti27
    2020年02月16日
    138人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品