角川文庫

冤罪犯

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041080375
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

冤罪犯

  • 著者 翔田 寛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041080375

この真相は、見抜けない。

幼女の遺体が休耕地で発見された。船橋署刑事課主任・香山亮介は、ブルーシートをかけられた遺体の様子が、7年前の田宮事件と酷似していることに疑念を抱く。事件は、犯人とされた男が無実を訴えたまま拘置支所内で自殺して終わったはずだった。香山は模倣犯を疑うが、真犯人による再犯の可能性を示す“あるもの”により、事態が急展開し……。刑事の執念が過去に隠された思いもよらぬ真相を暴く、圧巻の誘拐ミステリー!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「冤罪犯」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 千葉県内で5歳の少女の誘拐殺人事件が起こる。その手口は7年前に同じ千葉県内で起きた連続幼女誘拐殺人事件に酷似していた。かつての事件の犯人は獄中で自殺したはず。しかし、ほかに真犯人がいたとしたら――。物 千葉県内で5歳の少女の誘拐殺人事件が起こる。その手口は7年前に同じ千葉県内で起きた連続幼女誘拐殺人事件に酷似していた。かつての事件の犯人は獄中で自殺したはず。しかし、ほかに真犯人がいたとしたら――。物語は7年の時を隔てて起きた二つの件を追う構図。刑事たちの地道な捜査を丹念に描く。彼らもそれぞれに完璧でなく、どこの職場にもよくいるタイプで人間味が強い。冤罪犯というタイトルだが、濡れ衣を着せられた人の側の視点とかではなく、常に人を冤罪に陥れかねない警察官側の誠実と本懐がテーマ。エピローグがすごく良い雰囲気。 …続きを読む
    inarix
    2019年07月24日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品