試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041080375

冤罪犯

  • 著者 翔田 寛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041080375

この真相は、見抜けない。

幼女の遺体が休耕地で発見された。船橋署刑事課主任・香山亮介は、ブルーシートをかけられた遺体の様子が、7年前の田宮事件と酷似していることに疑念を抱く。事件は、犯人とされた男が無実を訴えたまま拘置支所内で自殺して終わったはずだった。香山は模倣犯を疑うが、真犯人による再犯の可能性を示す“あるもの”により、事態が急展開し……。刑事の執念が過去に隠された思いもよらぬ真相を暴く、圧巻の誘拐ミステリー!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「冤罪犯」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 幼女誘拐殺人事件が2件連続して起こる。性犯罪の被害者として殺された幼女たち。よく似た事件が7年前にも起こり、容疑者は逮捕され死刑宣告されたのち獄中で自殺していた。あまりにも酷似した事件に、警察内部で意 幼女誘拐殺人事件が2件連続して起こる。性犯罪の被害者として殺された幼女たち。よく似た事件が7年前にも起こり、容疑者は逮捕され死刑宣告されたのち獄中で自殺していた。あまりにも酷似した事件に、警察内部で意見が紛糾する。もしかすると、過去の事件の模倣犯なのか?それとも、7年前は冤罪だったのか?過去の事件内容も挟みながら進むストーリー展開。警察として最も恐れるべき冤罪事件。かつての事件に携わった刑事との確執の中、執念の捜査は続く。そして、隠された真相が暴かれる。面白かったです。 …続きを読む
    タイ子
    2020年08月10日
    76人がナイス!しています
  • 過去と現在に起きた酷似する幼女誘拐殺人事件に奮闘する刑事たちの物語。捜査を進めていくうちに模倣犯や過去の事件の冤罪といった可能性が浮上し、狼狽し圧力をかけてくる上層部の傍らで真相追求の為に走り回る刑事 過去と現在に起きた酷似する幼女誘拐殺人事件に奮闘する刑事たちの物語。捜査を進めていくうちに模倣犯や過去の事件の冤罪といった可能性が浮上し、狼狽し圧力をかけてくる上層部の傍らで真相追求の為に走り回る刑事たちの活躍が地道ながらも読みごたえある面白さでした。最終的に真相を知ってしまえば何人かの刑事たちの手により事件が複雑に迷走化してしまった感は否めないのですが、警察組織という一筋縄ではいかない世界の中で自分自身を貫き通すが故の結果だとするとある意味現実味溢れるラストだったかなと。続編の『黙秘犯』も読んでみたい。 …続きを読む
    タケチヨ
    2019年11月12日
    34人がナイス!しています
  • 初めましての作家さんです。千葉県民への挑戦状!だと?ならば受けて立たねば!幼女の無残な遺体がブルーシートの覆われ発見された。その手口から7年前に同様の事件の模倣か?同一犯の可能性も?しかし7年前の犯人 初めましての作家さんです。千葉県民への挑戦状!だと?ならば受けて立たねば!幼女の無残な遺体がブルーシートの覆われ発見された。その手口から7年前に同様の事件の模倣か?同一犯の可能性も?しかし7年前の犯人は死刑判決後、刑務所で自殺を遂げていた・・。事件を複雑にさせたのは双方の現場から採取された「白い犬のぬいぐるみ」の繊維が同一であったため。それと後から出てきた「チェックのシャツ」が捏造と思われ・。冤罪の2の二文字が上層部を保身へと走らせる。派手な刑事ものではなくこれを地道な捜査というのでしょう。面白かったです …続きを読む
    らび
    2019年11月04日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品