冤罪犯 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年07月24日
商品形態:
電子書籍

冤罪犯

  • 著者 翔田 寛
発売日:
2019年07月24日
商品形態:
電子書籍

この真相は、見抜けない。

幼女の遺体が休耕地で発見された。船橋署刑事課主任・香山亮介は、ブルーシートをかけられた遺体の様子が、7年前の田宮事件と酷似していることに疑念を抱く。事件は、犯人とされた男が無実を訴えたまま拘置支所内で自殺して終わったはずだった。香山は模倣犯を疑うが、真犯人による再犯の可能性を示す“あるもの”により、事態が急展開し……。刑事の執念が過去に隠された思いもよらぬ真相を暴く、圧巻の誘拐ミステリー!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「冤罪犯」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読み応えのある1冊だった。特にクライマックスとも言える最後の取調室の攻防。駆け引きの妙を感じた。近く出る予定の作品も期待したい。 読み応えのある1冊だった。特にクライマックスとも言える最後の取調室の攻防。駆け引きの妙を感じた。近く出る予定の作品も期待したい。
    TAKA
    2019年08月27日
    15人がナイス!しています
  • ど真ん中の警察捜査小説の傑作だった「真犯人」の翔田さんの小説。「真犯人」では静岡県警で今回は千葉県警が舞台です。 幼女誘拐殺人事件が発生し船橋署刑事課の主任、香山巡査部長を始め三宅巡査長・若手女性刑事 ど真ん中の警察捜査小説の傑作だった「真犯人」の翔田さんの小説。「真犯人」では静岡県警で今回は千葉県警が舞台です。 幼女誘拐殺人事件が発生し船橋署刑事課の主任、香山巡査部長を始め三宅巡査長・若手女性刑事増岡巡査が捜査を開始した。個々の刑事達の地道な捜査過程がリアルでいいですけど所轄なのに捜査一課?捜査三課?警務部?など変な描写や捜査の中心人物である香山さんも巡査部長クラスでここまで仕切っていいの?と警察小説ファンからすると突っ込みどころがありますが香山さんが取調べでホシを追い込むシーンが迫力があり→ …続きを読む
    たーさん
    2019年08月31日
    14人がナイス!しています
  • 幼女誘拐殺人事件の現場から発見された7年前の類似事件の決定的証拠。当時逮捕された犯人は無実を訴え続け、獄中で自殺していた。模倣犯かそれともあれは冤罪だったのか。捜査が進むにつれ次々に出てくる新事実。更 幼女誘拐殺人事件の現場から発見された7年前の類似事件の決定的証拠。当時逮捕された犯人は無実を訴え続け、獄中で自殺していた。模倣犯かそれともあれは冤罪だったのか。捜査が進むにつれ次々に出てくる新事実。更には警察上層部からも操作妨害のような圧力が。以前読んで面白かった「真犯人」の作家さんだけに楽しみにしていた作品。真相はえっ!?と思ったけど、展開も早くとても読みやすかったです。でも、警察組織の中で自分を貫き通すのは本当に至難の業なんですね。 …続きを読む
    ま~くん
    2019年08月25日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品