冤罪犯

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041058671

冤罪犯

  • 著者 翔田 寛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041058671

たとえ悲劇を招こうとも、真実を暴くのが刑事の役目だ。警察捜査小説の極点

平成29年7月、千葉県船橋市の休耕地で、ブルーシートが掛けられた幼女の遺体が発見された。捜査に乗り出した船橋署の香山は、7年前に起きた<田宮事件>と遺体の状況が酷似していることに気づく。<田宮事件>では不可解な経緯から証拠が見つかり、犯人とされた男は冤罪を主張したまま刑務所内で自殺していた。やがて、捜査を進める香山の前で、ふたつの事件をつなぐ新たな証拠が見つかって――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「冤罪犯」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 丁寧に丁寧に刑事たちが犯人を追い詰める。事件はそうして解決するんだと思っている。な~んて建前は棚に上げておこう。冤罪なのか?ねつ造だったのか?禁じ手もあるんだ・・刑事が足を引っ張るどころが、敵にもなる 丁寧に丁寧に刑事たちが犯人を追い詰める。事件はそうして解決するんだと思っている。な~んて建前は棚に上げておこう。冤罪なのか?ねつ造だったのか?禁じ手もあるんだ・・刑事が足を引っ張るどころが、敵にもなる・・そんな刑事ばかりじゃないと、誰か私に言って下さい。『自分が無実の人間を冤罪に落したのではないかー』そんな思いを抱えて死んだ刑事が哀しい。これから読む方は気を付けて、じりじりするくらい地味ですよ。でも私は面白かったです。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2017年09月18日
    135人がナイス!しています
  • あー、まるで静かなドラマを、夢中で見てしまった感覚に!!時を経た別の事件をもとに、7年前の事件が冤罪であったか、そうではなかったか次々と内容が気になって、吸い込まれるように読み進めた。淡々と話が進むな あー、まるで静かなドラマを、夢中で見てしまった感覚に!!時を経た別の事件をもとに、7年前の事件が冤罪であったか、そうではなかったか次々と内容が気になって、吸い込まれるように読み進めた。淡々と話が進むなか、最後はえー!そうなの?嘘!とちょっとビックリしたりと謎をとくのに、現実逃避の読書に浸り良かったです。まだ読んでいたい余韻に浸りました(^∇^)読む手が止まらずに、予定の就寝時間が過ぎても夜中寝不足になっても読んでしまったよー。 …続きを読む
    かなっぺ
    2018年01月15日
    129人がナイス!しています
  • 女児誘拐殺人事件は、7年前に起こった事件と酷似していた。7年前の犯人は獄中で自死していた。模倣犯か、それとも過去の事件は冤罪だったのか。翔田作品は「誘拐犯」「真犯人」と、この手のものが多いが、どれも読 女児誘拐殺人事件は、7年前に起こった事件と酷似していた。7年前の犯人は獄中で自死していた。模倣犯か、それとも過去の事件は冤罪だったのか。翔田作品は「誘拐犯」「真犯人」と、この手のものが多いが、どれも読ませてくれる。ほんの小さな手がかりから真実を暴き出し、取り調べでは犯人の心理を推し測りつつ追い詰める。が、証拠のでっち上げ、警察内部で露骨に仲が悪いのは見たくない。一致団結し真摯に立ち向かう日本の警察、理想であってもそんな姿がいいな。 …続きを読む
    モルク
    2018年07月05日
    103人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品