冤罪犯

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041058671

冤罪犯

  • 著者 翔田 寛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041058671

たとえ悲劇を招こうとも、真実を暴くのが刑事の役目だ。警察捜査小説の極点

平成29年7月、千葉県船橋市の休耕地で、ブルーシートが掛けられた幼女の遺体が発見された。捜査に乗り出した船橋署の香山は、7年前に起きた<田宮事件>と遺体の状況が酷似していることに気づく。<田宮事件>では不可解な経緯から証拠が見つかり、犯人とされた男は冤罪を主張したまま刑務所内で自殺していた。やがて、捜査を進める香山の前で、ふたつの事件をつなぐ新たな証拠が見つかって――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「冤罪犯」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この作家さん、4冊目。 派手さはないが、地道に犯人を追う刑事達。捜査や取り調べに、冤罪を匂わせ、その怖さを醸し出しつつ、最後にはうまくまとめあげた一冊でしょうか。 たまたまではあるが、地元の千葉が舞台 この作家さん、4冊目。 派手さはないが、地道に犯人を追う刑事達。捜査や取り調べに、冤罪を匂わせ、その怖さを醸し出しつつ、最後にはうまくまとめあげた一冊でしょうか。 たまたまではあるが、地元の千葉が舞台なため、それぞれの駅周辺など情景が目に浮かび、事件に入り込みながら、一気に読了でした。 …続きを読む
    たかし
    2020年07月07日
    236人がナイス!しています
  • 丁寧に丁寧に刑事たちが犯人を追い詰める。事件はそうして解決するんだと思っている。な~んて建前は棚に上げておこう。冤罪なのか?ねつ造だったのか?禁じ手もあるんだ・・刑事が足を引っ張るどころが、敵にもなる 丁寧に丁寧に刑事たちが犯人を追い詰める。事件はそうして解決するんだと思っている。な~んて建前は棚に上げておこう。冤罪なのか?ねつ造だったのか?禁じ手もあるんだ・・刑事が足を引っ張るどころが、敵にもなる・・そんな刑事ばかりじゃないと、誰か私に言って下さい。『自分が無実の人間を冤罪に落したのではないかー』そんな思いを抱えて死んだ刑事が哀しい。これから読む方は気を付けて、じりじりするくらい地味ですよ。でも私は面白かったです。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2017年09月18日
    137人がナイス!しています
  • 千葉で発生した幼女誘拐殺害事件。船橋署の香山は、遺体の状況が7年前の「田宮事件」と酷似していることに気付くが、当該事件で犯人とされた男は、冤罪を主張したまま刑務所内で自殺していた・・。禁断の行為「証拠 千葉で発生した幼女誘拐殺害事件。船橋署の香山は、遺体の状況が7年前の「田宮事件」と酷似していることに気付くが、当該事件で犯人とされた男は、冤罪を主張したまま刑務所内で自殺していた・・。禁断の行為「証拠の捏造」。蒸し返されたくない上層部と、警察官としての矜持を重んじる男のせめぎ合いが読みどころの一つだ。そのうえで、7年間に及ぶ関係者の苦悩、捜査陣の執念といったドラマもきっちり描かれている。一方で、本作における冤罪という重要テーマの落としどころには、やや肩透かし感が否めず、もうひとひねり欲しかった気もする。 …続きを読む
    utinopoti27
    2020年02月05日
    132人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品