試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年04月04日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
192
ISBN:
9784041121894

くだんのピストル 壱

  • 原作 大塚 英志
  • 漫画 山崎 峰水
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年04月04日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
192
ISBN:
9784041121894

『黒鷺死体宅配便』の大塚英志×山崎峰水が贈る、正統派幕末ケモノ時代劇!

時は幕末――。尊王攘夷、倒幕を叫ぶ志士たちが、血で血を洗う闘争の時代。坂本龍馬や高杉晋作、佐久間象山ら時代のキーマンと共に、人々の心の声を聴くことができる不思議な少年“くだん”は、止めることのできない歴史の大きなうねりに、巻き込まれてゆく!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「くだんのピストル 壱」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • どう転がるか読めない作品。キャラが犬なのは私的には読みにくかった。誰が誰か一瞬迷うこと有。大塚本人は「くろぼね」を例にしていたが、真鍋作品はケモノだろうと何だろうとキャラの判別に悩むことはないことを考 どう転がるか読めない作品。キャラが犬なのは私的には読みにくかった。誰が誰か一瞬迷うこと有。大塚本人は「くろぼね」を例にしていたが、真鍋作品はケモノだろうと何だろうとキャラの判別に悩むことはないことを考えると山崎峰水の絵柄の問題かなぁ。まぁ「くろぼね」よりまんま「わんわん明治維新」な訳なのだが(笑 …続きを読む
    どら
    2022年04月10日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品