試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年05月02日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
192
ISBN:
9784041121917

くだんのピストル 弐

  • 原作 大塚 英志
  • 漫画 山崎 峰水
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年05月02日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
192
ISBN:
9784041121917

『黒鷺死体宅配便』の大塚英志×山崎峰水が贈る、幕末ケモノ時代劇第二弾!

激動の幕末――。尊王攘夷の動きが加速する中、剣術による戦いでは、外敵に勝つことはできないと悟りはじめる志士たち。そして桜田門外の変では、最初の一撃にピストールが使われ…。人斬りと呼ばれた岡田以蔵も、長州の革命児・高杉晋作もピストールに惹かれていくことに――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「くだんのピストル 弐」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 意外な位、面白くなってきた。狂犬以蔵は犬デザインがハマる。高杉がダックスフントというのも良い。コロナ禍の中描かれる、コロリを背景にする幕末。ピストルという技術が武士道的な精神論を駆逐していくのだろうな 意外な位、面白くなってきた。狂犬以蔵は犬デザインがハマる。高杉がダックスフントというのも良い。コロナ禍の中描かれる、コロリを背景にする幕末。ピストルという技術が武士道的な精神論を駆逐していくのだろうなぁ。狙いがはっきりしてきたが、目の付け所はとても良い。 …続きを読む
    どら
    2022年05月08日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品