試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041062692

木島日記 乞丐相

  • 著者 大塚 英志
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041062692

仮面の古書店主にして「仕分け屋」木島平八郎の怪奇ミステリ事件簿第二弾!

仮面の男、木島平八郎。古書店「八坂堂」の店主にして、「この世にあってはならぬもの」の仕分屋。だがその素性は未だ知れない。
一方、木島につきまとわれる学者・折口信夫。女嫌いのはずが、霊的能力をもつ少女・美蘭を側に置く羽目に。彼らが行く先々、常に事件が待ち受ける。
『八つ墓村』のモデルとなった津山三十人殺し事件、心中ブーム、人間避雷針……。
正史と偽史の狭間に葬られし闇の物語を暴く、怪奇ミステリ事件簿・第二弾!
〈自著解題〉の書き下ろしを新たに付し、改訂新装版で復活。

【目次】
第一話 砂けぶり
第二話 翁の発生
第三話 乞丐相
〈自著解題〉民俗学者の家族小説

メディアミックス情報

NEWS

「木島日記 乞丐相」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 先日読んだ原作漫画と照らし合わせながら読んでみた。 同じタイトルで違う話だったりエピソードの挿入部分が所々ずれている箇所があったりと、ノベライズにあたって手を加えているようだ。 しかし、こうして比べ 先日読んだ原作漫画と照らし合わせながら読んでみた。 同じタイトルで違う話だったりエピソードの挿入部分が所々ずれている箇所があったりと、ノベライズにあたって手を加えているようだ。 しかし、こうして比べてみると、漫画の方は本当に分かりづらい… …続きを読む
    まさひろ
    2019年05月07日
    29人がナイス!しています
  • 心中、持衰、迷い子、猟奇殺人。妖しげな雰囲気はそのままに、どことなくコミカルな趣も際立つ木島日記シリーズ第二作。「砂けぶり」では題材こそ陰惨であれど土玉と木島のコンビが読んでいて小気味好く面白かった。 心中、持衰、迷い子、猟奇殺人。妖しげな雰囲気はそのままに、どことなくコミカルな趣も際立つ木島日記シリーズ第二作。「砂けぶり」では題材こそ陰惨であれど土玉と木島のコンビが読んでいて小気味好く面白かった。「翁の発生」は近代化と共に廃れ行く伝統の矜持と、哀切に満ちた結末が胸に響く。そして「乞丐相」は「家族」という折口自身の身の上に大きく関わるテーマが基になっており、時代背景も含め本作では最も読み応えがあった。続篇もいずれ読んでみたい。 …続きを読む
    東京湾
    2017年12月23日
    18人がナイス!しています
  • 津山三十人殺しや心中ブーム、徐々に道を踏み外していく時代と、振り回される折口信夫。木島の書生である根津の物語「砂けぶり」がなかなか衝撃的。船に乗り込んで災厄を一身に引き受ける「持衰」を描く「翁の發生」 津山三十人殺しや心中ブーム、徐々に道を踏み外していく時代と、振り回される折口信夫。木島の書生である根津の物語「砂けぶり」がなかなか衝撃的。船に乗り込んで災厄を一身に引き受ける「持衰」を描く「翁の發生」、折口の根源ともいえる捨て子の物語「乞丐相」と、今回もオカルティックな話が並ぶ。一ツ橋の出番がないのと木島もあまり出てこない所為か、随分とコミカルさが強調されている。なのでテーマの重さとバランスが崩れ気味。全く出てこないのに春洋の存在感の凄さ。 …続きを読む
    yamabatu
    2019年05月11日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品