試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041062685

木島日記

  • 著者 大塚 英志
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041062685

この世にあってはならぬもの、仕分けます――。『木島日記』ここに復活!

昭和初期――オカルト、猟奇事件、ナショナリズムが吹き荒れる東京。
民俗学者の折口信夫は古書店「八坂堂」に迷い込み、その棚にあるはずのない、未だ構想中の自分の小説『死者の書』を見つける。
「何が書いてあるか読んでごらんなさい」
奇怪な仮面を被った店の主人、木島平八郎に促され、その奇妙な書の頁をめくった時から、折口のまわりで奇怪な出来事が起こり始める……。
「あってはならない物語」へ誘う傑作文豪怪奇ミステリ!
書き下ろしの〈自著解題〉を付す改訂新装版で復活。

【目次】
第一話 死者の書
第二話 妣が国・常世へ
第三話 古代研究
第四話 水の女
第五話 若水の話
〈自著解題〉物語を供養する

メディアミックス情報

NEWS

「木島日記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 有名な評論家・マンガ原作者の著者による、昭和オカルト全開の小説。 オカルトテイストなキャラクターや事件と、時間軸や世界線を頻繁に交差させる文体、さらにはまた別の作中作の存在もが相まって、読み始めは相 有名な評論家・マンガ原作者の著者による、昭和オカルト全開の小説。 オカルトテイストなキャラクターや事件と、時間軸や世界線を頻繁に交差させる文体、さらにはまた別の作中作の存在もが相まって、読み始めは相当混乱した。 だが、最初の話を読み終わる頃には徐々に引き込まれて「なんか読んじゃうな…」という感じで読み進め、気付けば読み終わっていた。 なかなか不思議な小説だった。続編も読んでみようかな。 …続きを読む
    まさひろ
    2019年05月01日
    28人がナイス!しています
  • あってはならない物語。民俗学者・折口信夫による、日記とも妄想ともつかぬノートが題材ーという体で描かれる、怪奇と幻惑の物語。百鬼夜行シリーズや帝都物語などが好きな自分にとってはうってつけの代物だった。仮 あってはならない物語。民俗学者・折口信夫による、日記とも妄想ともつかぬノートが題材ーという体で描かれる、怪奇と幻惑の物語。百鬼夜行シリーズや帝都物語などが好きな自分にとってはうってつけの代物だった。仮面の古書店主・木島平八郎を始めとする土玉、安江などの奇態際立つ人物や、妖艶且つ無垢な少女・美蘭、「瀬条機関」なる隠密組織の胡散くさげな面々などの魅力的なキャラクターに加え、キナ臭さの漂う時代背景や民俗学の要素などが、妖しげな空気感と影のロマンを構成し読者を引き込む。虚構と現実のバランスが実に巧妙。面白かった。 …続きを読む
    東京湾
    2017年12月20日
    24人がナイス!しています
  • タイトルになっている木島平八郎と、おもにカメラの真ん中にいる折口信夫の物語のようなのに、どこかに語り手であるもうひとりがいて、現実と夢まぼろしや現在と過去とをかろやかに往き来するので、読み終えて振り返 タイトルになっている木島平八郎と、おもにカメラの真ん中にいる折口信夫の物語のようなのに、どこかに語り手であるもうひとりがいて、現実と夢まぼろしや現在と過去とをかろやかに往き来するので、読み終えて振り返るときちんと説明ができない不思議な作品でした。折口せんせいが困ったおじさんで、木島氏や美蘭嬢に振り回されるのを見ると、なんだか溜飲がさがりますね、ごめんなさい。サヴァン式計算機の悪趣味さに胃の腑が冷えました。八百比丘尼と地下水脈のおはなしはロマンです。 …続きを読む
    瀧ながれ
    2017年12月13日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品