試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年10月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784044006754

鬼むかし 昔話の世界

  • 著者 五来 重
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年10月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784044006754

怪異・妖怪好き必携。「鬼」の起源に迫った金字塔!

こぶとり、桃太郎、天邪鬼……「鬼むかし」とは鬼が登場する昔話のこと。その原型は死霊と祖霊がイメージ化されたもので、死霊は人間を食べる恐怖を与える鬼に、祖霊は恐怖と共に慈しみを持つ鬼となった。これに仏教の羅刹鬼や地獄の鬼なども加わり、修験道の山伏や天狗とも結びついて様々な「鬼むかし」ができあがったのである。仏教民俗学の泰斗が、綿密な現地調査と知見を活かし、昔話の根底に潜む宗教的背景を読み解く。解説 小松和彦。

もくじ

鬼むかし
鬼一口
安達ケ原の鬼婆
天邪鬼と瓜子姫
牛方山姥と鯖大師
「食わず女房」と女の家
山姥と鉄鎖
「鬼の子小綱」の原点
「地獄白米」(「地蔵浄土」「鬼の浄土」)と地蔵縁起
瘤取り鬼と山伏の延年
「桃太郎」の鬼ケ島渡り

解説 小松和彦
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「鬼むかし 昔話の世界」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本書の価値と問題点に関しては、小松和彦氏による解説におおむね指摘されている通り。 初出が1991年の本なので基底となる考え方については現在では問題も感じるが、個々の指摘事項の着眼点は今でも興味深いもの 本書の価値と問題点に関しては、小松和彦氏による解説におおむね指摘されている通り。 初出が1991年の本なので基底となる考え方については現在では問題も感じるが、個々の指摘事項の着眼点は今でも興味深いものが多い。 山伏の儀礼などが庶民にも身近な宗教儀礼として話に取り込まれているという論考は惹きつけられる。 また、桃太郎で鬼ヶ島へ渡る手段がほとんど語られていない、という指摘は盲点だった。 …続きを読む
    アル
    2021年11月26日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品