試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784044001537

円空と木喰

  • 著者 五来 重
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784044001537

「忿怒」の円空、「微笑」の木喰。庶民信仰の本質に仏教民俗学の泰斗が迫る

修験道の厳しい修行に身をおいた円空。旅を棲家とした木喰。二人の「ひじり」の作った仏像には、極めて大きな違いがある。孤高にして厳しく知的に冴えた刀痕と清潔にして火のように激しい意志的な造型の円空仏。日本の仏像彫刻で忘れさられた完全な一本彫りを試み、自刻像をはじめ飄逸な作品を多く残した木喰。日本人の精神構造と庶民文化の本質を表す造形を持ち、強烈なエネルギーを放つ仏像の謎に仏教民俗学の泰斗が迫る。

【目次】
円空佛 境涯と作品

序 章

第一章
 1 洞爺湖にうかぶ円空仏
 2 帆越岬の鷹
 3 北海の来迎観音

第二章
 1 恐山の千体地蔵
 2 津軽野の円空仏
 3 なまはげの山

第三章
 1 二荒山の不動たち
 2 武蔵野の荒れ寺
 3 木曽路の足跡

第四章
 1 志段味の丘の馬頭観音
 2 尾張野の木端仏
 3 伊吹山と大峯山

第五章
 1 美濃の奥山
 2 飛騨の宿儺
 3 入定塚の藤―結び―

微笑佛 木喰の境涯

序 章
 
第一章
 1 甲斐の山里
 2 聖と木食

第二章
 1 東国廻国
 2 蝦夷地渡り
 3 佐渡の荒海

第三章
 1 西国遍歴
 2 駿遠の山路
 3 越路の大悲像
 4 丹摂の自刻像

もくじ

円空佛 境涯と作品

序 章

第一章
 1 洞爺湖にうかぶ円空仏
 2 帆越岬の鷹
 3 北海の来迎観音

第二章
 1 恐山の千体地蔵
 2 津軽野の円空仏
 3 なまはげの山

第三章
 1 二荒山の不動たち
 2 武蔵野の荒れ寺
 3 木曽路の足跡

第四章
 1 志段味の丘の馬頭観音
 2 尾張野の木端仏
 3 伊吹山と大峯山

第五章
 1 美濃の奥山
 2 飛騨の宿儺
 3 入定塚の藤―結び―

微笑佛 木喰の境涯

序 章
 1 あたらしい波
 2 無心の美
 3 微笑仏

第一章
 1 甲斐の山里
 2 聖と木食

第二章
 1 東国廻国
 2 蝦夷地渡り
 3 佐渡の荒海

第三章
 1 西国遍歴
 2 駿遠の山路
 3 越路の大悲像
 4 丹摂の自刻像
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「円空と木喰」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 円空の修験道の厳しさにおののき、80歳を超えてあの微笑ましい仏像に到達した木喰に驚嘆した。放浪、漂泊、遊行。憧れるけど、やっぱり大変だ。 円空の修験道の厳しさにおののき、80歳を超えてあの微笑ましい仏像に到達した木喰に驚嘆した。放浪、漂泊、遊行。憧れるけど、やっぱり大変だ。
    広瀬研究会
    2019年12月20日
    4人がナイス!しています
  • 芸術論やブームで飾るのではなく、作者の信仰心と足跡をたどりながら語る円空・木喰論。民衆と共にあり、いつでも品行方正とはいいがたい聖によって作られた仏像は、それが作られた辺境の寺で寂れゆく村と共に朽ち果 芸術論やブームで飾るのではなく、作者の信仰心と足跡をたどりながら語る円空・木喰論。民衆と共にあり、いつでも品行方正とはいいがたい聖によって作られた仏像は、それが作られた辺境の寺で寂れゆく村と共に朽ち果てていくのが本来のあり方だという言葉に、仏像というものの存在意義を改めて思い起こす。 …続きを読む
    さんとのれ
    2018年09月04日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品