試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784044085070

高野聖

  • 著者 五来 重
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784044085070

日本宗教史を変えた不朽の名著、ついに文庫化!

高野山を拠点に諸国を遊行した高野聖。彼らはいかに民衆に根ざした日本仏教を広め、仏教の礎を支えてきたのか。古代末期から中世の聖たちが果たした役割と、日本宗教の原始性を掘りおこした仏教民俗学の名著。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「高野聖」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 泉鏡花の描く道心堅固な高野聖とは違う実像を明らかにした本。寺院の再建などで「勧進」を行うため諸国を廻国するのが本来の仕事だが、身分が低い存在とみられていた。やがて宿坊や納骨、さらには戦国時代になると商 泉鏡花の描く道心堅固な高野聖とは違う実像を明らかにした本。寺院の再建などで「勧進」を行うため諸国を廻国するのが本来の仕事だが、身分が低い存在とみられていた。やがて宿坊や納骨、さらには戦国時代になると商人や隠密になることもあったようだ。行基や空海、西行などもこうした「聖(ひじり)」と考えると違った姿が見えてきて興味深く読めた。鎌倉時代の武士が出家しても地頭職を続けたり、高野山がかつては念仏が盛んだったりするところは歴史の新たな一面が見られたと思う。妻帯する現代の僧侶は昔の「聖(ひじり)」と同じなのである。 …続きを読む
    南北
    2021年10月27日
    39人がナイス!しています
  • 哲学的思弁や苦行だけでは宗教は庶民の心をつかむことはできない。庶民とともに各地を遊行し世俗の塵にまみれて妻帯し苦楽をともにする半僧半俗の聖は仏教を身近なものにしただけでなく、勧進という名の集金によって 哲学的思弁や苦行だけでは宗教は庶民の心をつかむことはできない。庶民とともに各地を遊行し世俗の塵にまみれて妻帯し苦楽をともにする半僧半俗の聖は仏教を身近なものにしただけでなく、勧進という名の集金によって寺院の経済的基礎を支えた。高僧だけしか記述しない仏教史に逆らって、無数の無名の縁の下の力持ちの下級僧侶の群像を描く。空海や西行の漂泊も、親鸞の妻帯も、聖という補助線を引くとよくわかる。その呪術性や世俗性や遊行性や胡散臭さの点で、ヨーロッパ中世における魔女や占星術師と比べることができるかもしれない。 …続きを読む
    松本直哉
    2021年11月18日
    27人がナイス!しています
  • ◎初版は昭和四十年。浄土念仏と真言を併せもった高野聖の成立からその衰退までを、覚鑁、西行、重源、明遍などの主だった聖の所業を紐解きながら、この俗僧たちの実態を明らかにしている。そもそも私度僧なので玉石 ◎初版は昭和四十年。浄土念仏と真言を併せもった高野聖の成立からその衰退までを、覚鑁、西行、重源、明遍などの主だった聖の所業を紐解きながら、この俗僧たちの実態を明らかにしている。そもそも私度僧なので玉石混交ではあるが、室町終盤以降の堕落ぶりは目に余るものがある。このあたりのことは街道をゆく_高野山みちにも詳しい。というか街道をゆくがこの本の終盤を参考にしたと、司馬も文中にふれている。何度読んでもよく解らないのが浄土念仏と真言の融合の点。これについては更に他の書籍にもあたってみたい。 …続きを読む
    ジャズクラ本
    2021年01月02日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品