鬼むかし 昔話の世界 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年10月21日
商品形態:
電子書籍

鬼むかし 昔話の世界

  • 著者 五来 重
発売日:
2021年10月21日
商品形態:
電子書籍

怪異・妖怪好き必携。「鬼」の起源に迫った金字塔!

こぶとり、桃太郎、天邪鬼……「鬼むかし」とは鬼が登場する昔話のこと。その原型は死霊と祖霊がイメージ化されたもので、死霊は人間を食べる恐怖を与える鬼に、祖霊は恐怖と共に慈しみを持つ鬼となった。これに仏教の羅刹鬼や地獄の鬼なども加わり、修験道の山伏や天狗とも結びついて様々な「鬼むかし」ができあがったのである。仏教民俗学の泰斗が、綿密な現地調査と知見を活かし、昔話の根底に潜む宗教的背景を読み解く。解説 小松和彦。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「鬼むかし 昔話の世界」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館で偶然手にした1冊。「鬼」もいろいろ。原形は死霊や祖霊が形となったものだけど、そこに宗教的なものが混ざり伝承されていく。ムラの家々で語られ、昔話に。こぶとりじいさんに登場する鬼も桃太郎に出てくる 図書館で偶然手にした1冊。「鬼」もいろいろ。原形は死霊や祖霊が形となったものだけど、そこに宗教的なものが混ざり伝承されていく。ムラの家々で語られ、昔話に。こぶとりじいさんに登場する鬼も桃太郎に出てくる鬼も、畏れる存在であることに変わりはない。「鬼は外ー」でいいのかな。もうすぐ節分。 …続きを読む
    まさ
    2022年01月22日
    28人がナイス!しています
  • 読了:◎ 鬼のいる昔話「鬼むかし」。日本古来から伝わる昔話に、なぜ鬼が登場しているのかを宗教民俗学的に読み解く。著者のいう「鬼」とは、「祖霊」「死霊」のことである。それらが修験道や山伏と繋がり、昔話の 読了:◎ 鬼のいる昔話「鬼むかし」。日本古来から伝わる昔話に、なぜ鬼が登場しているのかを宗教民俗学的に読み解く。著者のいう「鬼」とは、「祖霊」「死霊」のことである。それらが修験道や山伏と繋がり、昔話の「鬼」となる。▼「現在伝承されている昔話のファクターやモチーフの中で、何が本来のものであり、何が後からの変化または付加であることを考証することが、型の分類にもっも必要なこと」とあるように、それにより鬼の昔話を分類している。さまざまな鬼の類型(「桃太郎」「こぶとり爺さん」「鬼一口」等)が知れて、興味深かった。 …続きを読む
    ハルト
    2021年12月09日
    8人がナイス!しています
  • つまみ読み。原本は1984年刊行。元は茶道雑誌の連載。爺婆は孫に昔話することはなく、孫もテレビや絵本などで知っている。昔話の語り手は爺婆ではなく、幼稚園保育園の保母や、テレビのプロデューサー、と。執筆 つまみ読み。原本は1984年刊行。元は茶道雑誌の連載。爺婆は孫に昔話することはなく、孫もテレビや絵本などで知っている。昔話の語り手は爺婆ではなく、幼稚園保育園の保母や、テレビのプロデューサー、と。執筆時期、おれが幼稚園児の頃だなぁ…。昔話の語り手にプロデューサーと書いてるのは、『まんが日本昔話』のことだと気づいた。のち、裏番組のセーラームーンが視聴率逆転したという流れだったはず …続きを読む
    kenitirokikuti
    2021年11月29日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品