アンゴルモア 元寇合戦記 博多編 (5)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年10月26日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
208
ISBN:
9784041119235

アンゴルモア 元寇合戦記 博多編 (5)

  • 著者 たかぎ 七彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年10月26日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
208
ISBN:
9784041119235

博多の地でも迅三郎は止まらない!次に向かうのは筥崎宮!?

坂東武者が苦戦した蒙古軍の特殊な戦法をもかいくぐった迅三郎。次に向かうのは筥崎宮。日本軍の戦力が分散してしていることを懸念する迅三郎はとんでもない行動にでる…!?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「アンゴルモア 元寇合戦記 博多編 (5)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 《沖縄と皇室》「対馬は捨て石にされた」と悔しがる宗右馬太郎に「戦死した者はそんな風に自分を憐れまない」と言い放つ迅三郎。丁度返還50年迎えた沖縄と、どうしても重なってしまう。二手に軍勢を分かつ愚策を変 《沖縄と皇室》「対馬は捨て石にされた」と悔しがる宗右馬太郎に「戦死した者はそんな風に自分を憐れまない」と言い放つ迅三郎。丁度返還50年迎えた沖縄と、どうしても重なってしまう。二手に軍勢を分かつ愚策を変えるべく迅三郎達の取った荒療治が産んだ奇跡と文永の役クライマックスの舞台。安徳帝もそうたが、「鎮護する皇室」が背景にましますことが本作の一大特徴だと思う。 …続きを読む
    ばたやん@かみがた
    2022年05月15日
    67人がナイス!しています
  • 「中世」と言う時代は神威仏徳が大真面目に信じられ、そこいらへんを神仏が彷徨いていた時代である。それを成立させていたのは、今回出てきた歩き巫女の様な、下位の宗教者である。それをうまく使い、迅三郎に神意を 「中世」と言う時代は神威仏徳が大真面目に信じられ、そこいらへんを神仏が彷徨いていた時代である。それを成立させていたのは、今回出てきた歩き巫女の様な、下位の宗教者である。それをうまく使い、迅三郎に神意を見せるとは、オカルトぽいが実に「中世」を表現していて良い。この作品は「元寇」を画くとともに「元寇を通じて中世」を描いているわけで、そこいらへんがぬこ田の心を掴んで堪らぬのである。さて、次巻を希望し、而して、待つ。 …続きを読む
    六点
    2021年10月27日
    38人がナイス!しています
  • 輝日が元気でいてくれて嬉しい。でも対馬にはまだ蒙古の脅威が残っているのか。文永の役「嵐が吹き蒙古軍は一夜にして消え去った」は今では否定されているのか。ではどうやって撃退するのか。蒙古軍2万、日本は4千 輝日が元気でいてくれて嬉しい。でも対馬にはまだ蒙古の脅威が残っているのか。文永の役「嵐が吹き蒙古軍は一夜にして消え去った」は今では否定されているのか。ではどうやって撃退するのか。蒙古軍2万、日本は4千。神皇皇后まで出てきた。筥崎と博多に分散する日本軍を筥崎宮を燃やして守る必要がない様にする。神の加護は無いとするも、元寇の撤退という事実は何がきっかけだったのだろう。アンゴルモアはそこをどう描いていくかが楽しみである。両蔵、義経流の胡人。~続く~ …続きを読む
    なっぱaaua
    2021年10月30日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品