アンゴルモア 元寇合戦記 博多編 (2)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年03月23日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
192
ISBN:
9784041092293

アンゴルモア 元寇合戦記 博多編 (2)

  • 著者 たかぎ 七彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年03月23日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
192
ISBN:
9784041092293

『蒙古襲来絵詞』の世界がリアルによみがえる!博多の戦い、いよいよ開戦!

世界帝国迎撃の策を必死に練る大将・少弐景資の苦悩をしり目に、我欲におぼれ戦おうとしない大名たち。そこに現れた地元九州の弱小御家人・竹崎季長。彼こそは教科書で有名な『蒙古襲来絵詞』の主人公その人だった!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「アンゴルモア 元寇合戦記 博多編 (2)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 迎え撃つ側の意思不統一が何ともお寒い限り。少弐景資による、竹崎ら小勢力を出汁に使った武士団の功名心が刺激されることで漸く動き始めた日本側。高麗王の立場を徹底して慮る忠臣にして名将、金方慶が何とも腹立た 迎え撃つ側の意思不統一が何ともお寒い限り。少弐景資による、竹崎ら小勢力を出汁に使った武士団の功名心が刺激されることで漸く動き始めた日本側。高麗王の立場を徹底して慮る忠臣にして名将、金方慶が何とも腹立たしい位パワフル。有名な蒙古襲来絵詞も描かれたことであるしここからが本番か。 …続きを読む
    ばたやん@かみがた
    2021年04月30日
    58人がナイス!しています
  • まとまらない武家たちに手こずる少弐景資たち。そこへ北方謙三さんの『武王の門』でも活躍した菊池一族推参。九州の武門は菊池が切り開く!! 当時の貧乏武家の生活困窮感も描かれ、実際、名を上げるために命 まとまらない武家たちに手こずる少弐景資たち。そこへ北方謙三さんの『武王の門』でも活躍した菊池一族推参。九州の武門は菊池が切り開く!! 当時の貧乏武家の生活困窮感も描かれ、実際、名を上げるために命を賭ける竹崎季長のような武将もいたのだろう。さらに天草の女海賊(にしか見えない地頭)も参戦、朽井との絡みや如何に。元寇はまだまだ始まったばかり、現れた敵も高麗部隊くらいだ。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2020年08月17日
    50人がナイス!しています
  • 「賽の目って奴は、投げん者には味方せんわ。」、人数が少ない隊で、先駆けるものを見つめることで、やっと鎌倉武士、九州武士が動く。こう動かせるリーダーもすごいが、ファーストペンギンの菊地氏もすごい。やは 「賽の目って奴は、投げん者には味方せんわ。」、人数が少ない隊で、先駆けるものを見つめることで、やっと鎌倉武士、九州武士が動く。こう動かせるリーダーもすごいが、ファーストペンギンの菊地氏もすごい。やはり武士の中では、こういう人達をすごいと思う心意気はいいものだ。朽井迅三郎も後半、活躍して、アンゴルモアらしくなってきた。自分の手柄を記録に残してあり、それを繋ぐことで、合戦の様子が掴めるのだろう。歴史も新しい文書などの発見や繋ぎ合わせることで、新しい発見もあるのだろう。知らないことがいっぱい。 …続きを読む
    のぶのぶ
    2020年04月22日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品