試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年09月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041117798

ミノタウロス

  • 著者 佐藤 亜紀
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年09月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041117798

第29回吉川英治文学新人賞受賞のピカレスク小説!

ロシア革命直後のウクライナ地方。成り上がり地主の次男坊ヴァシリの書物に耽溺した生活は、父の死後一変した。生き残るために、流れ者のドイツ兵らとともに略奪、殺戮を繰り返し、激動の時代を疾走する。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ミノタウロス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初読。講談社刊行のものを角川文庫で再刊。講談社刊行の、麦畑を背に戦車が描かれた表紙が印象に残っていたが、読みそびれていた。ロシアの田舎地主の次男に生まれたヴァシリの物語。第一次戦争、ロシア革命の波が押 初読。講談社刊行のものを角川文庫で再刊。講談社刊行の、麦畑を背に戦車が描かれた表紙が印象に残っていたが、読みそびれていた。ロシアの田舎地主の次男に生まれたヴァシリの物語。第一次戦争、ロシア革命の波が押し寄せ、略奪と暴力が蔓延する土地で、ヴァシリもまた掠奪と暴力にて生き延びる。ヴァシリの生き様を、唖然と追いかける。本の中の世界は大変辛い状況だが、圧倒的な力に魅惑もされる。マッカーシーの「ザ・ロード」を思い出し、極限に置かれた人間の有り様について考えるが、答えは出ない。→ …続きを読む
    kashiha
    2021年10月25日
    7人がナイス!しています
  • 剥き出しの暴力。人が少しずつ人で無くなっていくー生きることへの意思が最後に残っていく 剥き出しの暴力。人が少しずつ人で無くなっていくー生きることへの意思が最後に残っていく
    も、な、
    2021年12月19日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品