天使・雲雀

天使・雲雀

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
544
ISBN:
9784041092682
label

天使・雲雀

  • 著者 佐藤 亜紀
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2020年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
544
ISBN:
9784041092682

『スウィングしなけりゃ意味がない』の著者が放つ歴史小説、合本版で登場!

生まれながらに特殊な「感覚」を持ったジェルジュは、オーストリアの諜報活動を指揮する権力者の配下となる(「天使」)。特殊な「感覚」を持つ工作員たちの闘いと青春を描く、姉妹篇2冊をまとめた決定版。 生まれながらに特殊な「感覚」を持ったジェルジュは、オーストリアの諜報活動を指揮する権力者の配下となる(「天使」)。特殊な「感覚」を持つ工作員たちの闘いと青春を描く、姉妹篇2冊をまとめた決定版。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「天使・雲雀」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【所蔵】面白かったけどめちゃくちゃ読み難くて苦労した。第一次世界大戦前後のオーストリア=ハンガリー帝国を描く歴史物であり、特殊能力を訓練するSFであり、主人公ジェルジュの半生の物語。他者の思考を読み、操 【所蔵】面白かったけどめちゃくちゃ読み難くて苦労した。第一次世界大戦前後のオーストリア=ハンガリー帝国を描く歴史物であり、特殊能力を訓練するSFであり、主人公ジェルジュの半生の物語。他者の思考を読み、操ることも出来る〈感覚〉という能力が、書かれていることをいくら読んでも情景がなかなか浮かばなくて、自分の想像力の足りなさに悲しくなった。話はとっても面白いのに、とにかくいろんなことが判り難くて、置いてけぼりにされながら読んでしまった印象。でも本当に読み応えがあり面白かった。世界史をもう一度勉強したくなった笑。 …続きを読む
    小夜風
    2021年06月11日
    16人がナイス!しています
  • 第一次世界大戦をオーストリアから見た歴史スパイロマンとサイキックウォーという異質な要素を組み合わせた上に、「天使」「雲雀」とのタイトルで、そういうユニークさを全く感じさせない、という特異な作品。他の方 第一次世界大戦をオーストリアから見た歴史スパイロマンとサイキックウォーという異質な要素を組み合わせた上に、「天使」「雲雀」とのタイトルで、そういうユニークさを全く感じさせない、という特異な作品。他の方の感想にもあるように、読み易いとは言えず、僕は物語から迷子になることが何度かあったが、ページをめくる手を止めることはできなかった。こういうのは、きっと、ほかの作家には真似できないんじゃないか。とても日本的な感じもあって、海外にもこういう作家はいない気がする。とにかく普通じゃなかった。 …続きを読む
    きゃれら
    2021年06月25日
    15人がナイス!しています
  • どちらの作品も再読。初めて読んだときは背景も地理もすっ飛ばしてしまったためよく解らなかったが今回は歴史や地理を調べ、名前やあらすじをメモしながら読んだので完全なおいてけぼりにはならずに済んだ。SFの要素 どちらの作品も再読。初めて読んだときは背景も地理もすっ飛ばしてしまったためよく解らなかったが今回は歴史や地理を調べ、名前やあらすじをメモしながら読んだので完全なおいてけぼりにはならずに済んだ。SFの要素が色濃いが、人物は思考も行動も硬質で佐藤亜紀に期待するところを裏切らない。というか作者は読者の期待とかついて来るか否かなんて全く関心なく走り抜けて行ってしまうのだが。 …続きを読む
    hoiminsakura
    2022年11月17日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品