試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年02月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041110652

黄金列車

  • 著者 佐藤 亜紀
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年02月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041110652

戦場を駆ける黄金列車の運命は? 命がけの戦いを描く著者の新たな傑作!

ハンガリー王国大蔵省の職員・バログは、現場担当としてユダヤ人の資産を保護・退避させるべく「黄金列車」に乗り込む。財宝を狙い近づいてくる悪党らを相手に、文官の論理と交渉術で渡り合っていくが――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「黄金列車」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 第二次世界大戦末期、ロシアの侵攻からハンガリー政府がユダヤ人から没収した国有財産を守るべく、金銀財宝を積んだ\黄金列車\がオーストリアへ向けて出発した。途中財産の強奪、横領を企む勢力から財産を守った官 第二次世界大戦末期、ロシアの侵攻からハンガリー政府がユダヤ人から没収した国有財産を守るべく、金銀財宝を積んだ\黄金列車\がオーストリアへ向けて出発した。途中財産の強奪、横領を企む勢力から財産を守った官吏の奮戦の物語(政府もユダヤ人から分捕ってるんだけども)は、普段四角四面のお役所仕事と揶揄される官吏の本領発揮。記録は逐一残し、記載不備ははね除け、受領書を求める。作中で「文官は怖い」と言われているが、武力にも法と書式に則って抗う姿は潔い(ユダヤ人の財産も法の力で奪ってるけど)。これが文民政治だ。解説も必読。 …続きを読む
    びっぐすとん
    2022年05月14日
    20人がナイス!しています
  • 第二次世界大戦末期。ハンガリーからドイツまでユダヤ人から没収した財産を運んだ黄金列車。主人公ハンガリー大蔵省官吏、初老のバログ。暴力に頼らず弁舌のみを用い、あくまでも法に則った形で危難を解決していく。 第二次世界大戦末期。ハンガリーからドイツまでユダヤ人から没収した財産を運んだ黄金列車。主人公ハンガリー大蔵省官吏、初老のバログ。暴力に頼らず弁舌のみを用い、あくまでも法に則った形で危難を解決していく。私の思想や信条を別に、公人としての使命を全うした者たちの物語。モノクロで、盛り上がる場面もあまりない、静かで重厚な映画を見ているような感覚。 …続きを読む
    Good Tomorrow
    2022年04月02日
    8人がナイス!しています
  • 理不尽な命令や裏切り、公然の横領、武力による脅し。その都度の官吏たちの駆け引きが見もの。武器をとらず、血を流さず、怪しい輩を退ける文人たちの手腕に舌を巻く。とはいえ、正義、誠意、責任……重たい言葉が頭 理不尽な命令や裏切り、公然の横領、武力による脅し。その都度の官吏たちの駆け引きが見もの。武器をとらず、血を流さず、怪しい輩を退ける文人たちの手腕に舌を巻く。とはいえ、正義、誠意、責任……重たい言葉が頭に浮かんでくるたびに、誰に対しての?と思う。列車のまわりを飛び回る赤毛の少年の一団が、鮮やかに心に残っている。 …続きを読む
    ぱせり
    2022年04月14日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品