• 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年04月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041108550

ひきなみ

  • 著者 千早 茜
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年04月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041108550

私たちずっと一緒だと思っていたのに。彼女は脱獄犯の男と、島から消えた。

小学校最後の年を過ごした島で、葉は真以に出会った。からかいから救ってくれたことを機に真以に心を寄せる葉だったが、ある日真以は島に逃げ込んだ脱獄犯の男と一緒に島から逃げ出し、姿を消してしまう。裏切られたと感じた葉は母に連れられ東京へ戻るが、大人になって会社で日々受けるハラスメントに身も心も限界を迎える中、ある陶芸工房のHPで再び真以を見つける。たまらず会いに行った葉は、真以があの事件で深く傷ついていることを知り――。女であることに縛られ傷つきながら、女になりゆく体を抱えた2人の少女。大人になった彼女たちが選んだ道とは。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ひきなみ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 4/30。「女」であることの生き辛さを描くということ、その問題に対してのこれは千早さんの答え(の一つ)であり、到達点なのだと思う。ちょっと後半駆け足気味だったのと前半のメインキャラの一人の存在感が薄く 4/30。「女」であることの生き辛さを描くということ、その問題に対してのこれは千早さんの答え(の一つ)であり、到達点なのだと思う。ちょっと後半駆け足気味だったのと前半のメインキャラの一人の存在感が薄くなってしまったのが残念。でもとても読み応えがあったし、言葉の選び方や文章の組み立て方はやっぱりとても美しく上手い作家だな、と思った。 …続きを読む
    アイリーン子
    2021年04月11日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品