夜に啼く鳥は

かつて、これほど美しくて哀しい“化け物”がいただろうかーー。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年09月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041037294
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

夜に啼く鳥は

かつて、これほど美しくて哀しい“化け物”がいただろうかーー。

  • 著者 千早 茜
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年09月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041037294

かつて、これほど美しくて哀しい“化け物”がいただろうかーー。

古来、傷みや成長を食べる「蟲(むし)」を体内に宿す不老不死の一族があった。その一族は地図にのらない里で、長い間、人目をはばかって暮らしていた。里の岬には、八百比丘尼とも言われる”シラ”という一族の祖を祀っていた。その末裔のなかでも強大な力を得た御先【みさき】は、どんな傷も病も治す能力を持ち、150年以上生きているとは思えぬ10代のままのような美しさで、ふたなりの身体を持ち、性別はもはや定かでない存在として畏れられてきた。今では、時の権力者の施術を生業として暮らしている御先だったが、付き人だった玄孫【やしゃご】の雅親【まさちか】をつき離し、一族の里を離れ、夜の店で働いていた傍系の四【よん】と行動をともにするようになり、ある”事件”に巻き込まれることになり……。主人公たちの過去と今が交錯し、時代を超えて現れる愛しい人……。不老不死の一族の末裔が現代の都会に紛れ込む――妖しくも美しく、そして哀しい現代奇譚。 泉鏡花文学賞受賞作家が挑む新境地。カバー挿画は、中村明日美子さんが担当。

もくじ

シラ 
はばたき
梟(ふくろう)
ひとだま
かみさま
躑躅(つつじ) *書き下ろし

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夜に啼く鳥は」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 哀しく美しく妖しい雰囲気で泉鏡花賞を受賞されている千早茜さんらしい作品。『魚神』『あやかし草子』のような香り漂う。蟲を宿し永遠に死ぬことのない一族の御先(ミサキ)。様々な哀しい記憶と共に永遠に続く命。 哀しく美しく妖しい雰囲気で泉鏡花賞を受賞されている千早茜さんらしい作品。『魚神』『あやかし草子』のような香り漂う。蟲を宿し永遠に死ぬことのない一族の御先(ミサキ)。様々な哀しい記憶と共に永遠に続く命。とても苦しく切ない。四(ヨン)の飾らない明るい人柄に救われる。四とは対照的な雅親の存在も良かった。書き下ろしの最終章が特に切なくて、とても胸に沁みる。千早茜さんの現代風の作品も大好きですが今作のようなファンタジー系の作品も素敵。暗闇で青緑に光る蟲たちが幻想的。繊細で妖艶な世界観。哀しく美しく愛おしい現代奇譚。 …続きを読む
    ❁かな❁
    2016年10月22日
    188人がナイス!しています
  • 北海道生まれの「泉鏡花文学賞」&「島清恋愛文学賞」受賞作家、千早さんのファンタジー作品です。『魚神』や『あやかし草子』テイストな作品なので個人的には『からまる』や『眠りの庭』『あとかた』テイストな作品 北海道生まれの「泉鏡花文学賞」&「島清恋愛文学賞」受賞作家、千早さんのファンタジー作品です。『魚神』や『あやかし草子』テイストな作品なので個人的には『からまる』や『眠りの庭』『あとかた』テイストな作品のほうを期待していました。読み進めていくと、確かにある意味若干恐ろしい部分はありますが、そこはやはりさすがの千早さん、うっとりするようなキレイな文体で流れるように儚さや悲哀を見事にまとめあげています。この手の作風だと読んでいて情景が想像しづらい作品も少なくはありませんが、本作はイメージしやすい作品でした。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2016年10月15日
    140人がナイス!しています
  • 美しさと哀しさが同居していました。「蟲」を宿す不老不死の一族にまつわる幻想譚。童話のような雰囲気が徐々に妖しの空気へと流れていく感じが好みです。独特の雰囲気、優しい中の孤独が輝きを持って幻想の世界を作 美しさと哀しさが同居していました。「蟲」を宿す不老不死の一族にまつわる幻想譚。童話のような雰囲気が徐々に妖しの空気へと流れていく感じが好みです。独特の雰囲気、優しい中の孤独が輝きを持って幻想の世界を作り上げているようでした。五感が刺激されるような空気に異世界へと誘われていくような感覚に陥ります。 …続きを読む
    優希
    2016年10月14日
    128人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品