夜に啼く鳥は

かつて、これほど美しくて哀しい“化け物”がいただろうかーー。

  • 著者 千早 茜
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年09月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041037294
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

夜に啼く鳥は

かつて、これほど美しくて哀しい“化け物”がいただろうかーー。

  • 著者 千早 茜
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年09月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041037294

かつて、これほど美しくて哀しい“化け物”がいただろうかーー。

古来、傷みや成長を食べる「蟲(むし)」を体内に宿す不老不死の一族があった。その一族は地図にのらない里で、長い間、人目をはばかって暮らしていた。里の岬には、八百比丘尼とも言われる”シラ”という一族の祖を祀っていた。その末裔のなかでも強大な力を得た御先【みさき】は、どんな傷も病も治す能力を持ち、150年以上生きているとは思えぬ10代のままのような美しさで、ふたなりの身体を持ち、性別はもはや定かでない存在として畏れられてきた。今では、時の権力者の施術を生業として暮らしている御先だったが、付き人だった玄孫【やしゃご】の雅親【まさちか】をつき離し、一族の里を離れ、夜の店で働いていた傍系の四【よん】と行動をともにするようになり、ある”事件”に巻き込まれることになり……。主人公たちの過去と今が交錯し、時代を超えて現れる愛しい人……。不老不死の一族の末裔が現代の都会に紛れ込む――妖しくも美しく、そして哀しい現代奇譚。 泉鏡花文学賞受賞作家が挑む新境地。カバー挿画は、中村明日美子さんが担当。

もくじ

シラ 
はばたき
梟(ふくろう)
ひとだま
かみさま
躑躅(つつじ) *書き下ろし

トピックス

この著者の商品

最近チェックした商品