試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
560
ISBN:
9784041099742

西郷の首

  • 著者 伊東 潤
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
560
ISBN:
9784041099742

ふたりの武士、ふたりの生き様。感涙必至の骨太歴史長編!

西郷の首を発見した軍人と、大久保利通暗殺の実行犯は、かつての親友同士だった。激動の時代を生き抜いたふたりの武士の友情、そして別離。「明治維新」に隠されたドラマを描く、美しくも切ない歴史長編。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「西郷の首」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この時代の、新しい国を作ろうとする、産みの苦しみを感じられる。誰しもが苦しみながら生きている。 この時代の、新しい国を作ろうとする、産みの苦しみを感じられる。誰しもが苦しみながら生きている。
    かずぺん
    2021年01月29日
    5人がナイス!しています
  • 幕末、まさに混沌としていてどっちに転がるかわからない時代。武士の気持ちもわかるし外国に負けないような国にしようと変わろうとする人の気持ちもわかる。その中で大久保の暗殺までを加賀藩の二人の視点から面白く 幕末、まさに混沌としていてどっちに転がるかわからない時代。武士の気持ちもわかるし外国に負けないような国にしようと変わろうとする人の気持ちもわかる。その中で大久保の暗殺までを加賀藩の二人の視点から面白く読める。自分がこの時代に生まれたらどんな決断をしてたのだろうか。何が正しいかなんてその時の当事者にはわからないのだから。読後その点をとても深く考えさせられた。 …続きを読む
    白隠禅師
    2020年12月25日
    4人がナイス!しています
  • 加賀藩足軽・千田文次郎・島田一郎 加賀藩は幕末・明治初期の政権争いの中で中立?政争の中に人材を送れなかった、結果明治政府の要人は存在しなかった藩内の尊攘・佐幕の政争、千田は戊辰・西南・日清・日露という 加賀藩足軽・千田文次郎・島田一郎 加賀藩は幕末・明治初期の政権争いの中で中立?政争の中に人材を送れなかった、結果明治政府の要人は存在しなかった藩内の尊攘・佐幕の政争、千田は戊辰・西南・日清・日露という戦いの中、軍人人生を全うした、島田は藩・政府に不満を抱えながら中途半端と言えよう、明治にはいり島田は人生最後に不満をついに爆発させ政府中核の大久保利通を紀尾井坂で暗殺という形にだした利通の死で日本は変わったのか?武士の矜持として斬 奸状を掲げ自訴し斬首刑となり一生を終えた、谷中の霊園に仲間と共に眠っている …続きを読む
    好奇心
    2021年01月27日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品